「ほっ」と。キャンペーン
Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2007年 08月 31日 秋色ノリマキ




















 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
 Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro
 SUNPAK PZ42X


体調不良のため更新が滞り、大変ご心配をおかけしました。申し訳ありません。
お声がけいただいた方、そっとしておいてくれた方、本当にどうもありがとうございます。
ぼちぼちゆっくりと復帰していく予定です。

さて、ノリマキですが、ずいぶん大きくなりました。
7月17日に、うちに来たときの体重は1.3kgでしたが、今日現在で2.2kgまで増えました。
生後4ヶ月にして2.2kgなら、そろそろ世間並みに追いついたかもしれません。

バサバサだった毛艶はツヤツヤのスベスベになりました。
シルクサテンの手触りというのでしょうか、なかなかゴージャスな被毛で、"サテンドール"というJazzの名曲を思い出します。
ビャアビャアと濁った鳴き声も、ミャアミャアという普通の猫の鳴き声に近くなってきました。
この猫はハスキーボイスの系統なのか?と思っていましたが、けっこう変わるものです。

まだまだ頭でっかち胴短の幼猫体型ですが、徐々に胴が伸びてきたようで猫らしくなってきました。
抱き上げると、身体はまだクニャクニャに柔らかいです。
成猫の引き締まった筋肉質の身体とは違って、全身マシュマロ状態ですね。
胸に触れると、小さな心臓がコトコト動いているのが分かります。
このサイズの猫だと、心臓の大きさは梅干ほどもないのでしょう。

性格は明朗快活素直と、なかなか良いスペックなんですが、致命的にどんくさいです。
普通の猫なら足を踏み外すことはないような場所から、ボトボト落ちてきます。
どうやら、空間認識が甘いようです。
猫の名誉を傷つける存在ですね。

今はパワーが有り余っている時期なので、毎日、家の中を飛んでいます。
パワーを発散させてやらないと、台所をあさる、ACケーブルをかじるなど悪いことばかりします。^^
なので、猫のオモチャを振り回して、パワーを削いでいますが、まだ遊び足らないようです。
遊んで~、遊んで~、とうるさいです。
もう少しすれば、大人になって静かになるはずなんですが、それはそれで寂しいというのもあります。
なかなか、人間の思うようにならない生きものです。





オマケ:ノリマキの寝顔
 目のまわりが黒い猫は寝顔が撮りにくいです。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-31 19:40 | Cats
2007年 08月 29日 晩夏のコンポジション #1




名古屋市昭和区妙見町にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII + PL
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-29 01:13 | Light and Shadow
2007年 08月 27日 残暑お見舞い




残暑お見舞い申し上げます。
体調を崩し、なかなか新規投稿、コメントバックできない状況です。
もう少し涼しくなれば復帰できると思います。
ご心配いただき、どうもありがとうございます。
ノリマキは元気です。体重が2kgを超えました。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-27 10:23
2007年 08月 12日 いっぱいいっぱいの瞳








Canon EOS 30D
Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
SUNPAK PZ42X


猫の瞳というものは、明るい場所では針のように細く、暗い場所では真ん丸に大きくなるわけですが、暗い時のサイズは、かなり個体差があるようです。
カムニャくんは、虹彩がほとんど見えないほど大きな黒目になりましたが、ニキさんはせいぜいラグビーボール程度でした。
で、ノリマキなんですが、どうやらニキさん系のようで、あまり瞳が大きくならないみたいです。
そのノリマキに、いっぱいいっぱい頑張ってもらって、「つぶらな瞳」を撮ってみました。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-12 14:05 | Cats
2007年 08月 11日 秋の光を内包した八月の空 #2












名古屋市千種区春岡通にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-11 20:49 | Light and Shadow
2007年 08月 10日 秋の光を内包した八月の空 #1












名古屋市昭和区妙見町八事日赤病院にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-10 21:01 | Light and Shadow
2007年 08月 09日 首輪を作ってもらったのニャ








Canon EOS 30D
Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
SUNPAK PZ42X


端切れで作った柔らかな首輪です。
生まれて初めて着ける首輪なので、まだ鈴も付いていません。
ホックで留めてあるだけなので、何かに引っかかっても簡単に外れます。
入門用首輪としてはこんなものでしょうか。
多少は女の子らしくなったかニャ?
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-09 16:04 | Cats
2007年 08月 08日 パチモンエーゲ海




名古屋市昭和区キクラデス諸島サントリーニ島にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-08 19:59 | Sky
2007年 08月 04日 タキシードを着た猫






はじめてノリマキを見たとき、何だかタキシードを着たような猫だな?と思ったものです。
白黒猫、ホルスタイン柄など呼ばれる模様にしては、いやに黒が多い。
こういう猫は何と呼んだらいいのだろう?
調べてみると、こんなものが見つかりました。





猫のヒラキじゃないですよ。
白黒猫の模様の分類です。
"Bicolor cat - Wikipedia, the free encyclopedia"に掲載されています。
これを見ると、黒猫も白猫も、白黒猫(Bicolor Cat)の極端なものとされているようです。
牛模様と呼ばれるのは、左上4-8ぐらいでしょうか。
純白の白猫以外は、シッポが黒いのですね。

で、ノリマキですが、これはもう文句なく、中央下段の"Tuxedo"です。
英語圏でもタキシードと考えられているのですね。
ノリマキがオスだったら、タキシードという名前を付けたと思います。
でも、ノリマキはメスなんですね~。
女性のタキシードというと、カジノディーラー、バーテンダーあたりを連想します。
背筋がシャキーンと伸びた男装の麗人でしょうか。
何だか勇ましい印象です。
けっこう好きなんですが。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-04 23:20 | Cats
2007年 08月 02日 ノリマキ特訓中




ヒモで特訓中のノリマキです。
この年頃のチビ猫というのは、悪魔的に元気ですね。
遊びはじめると、疲れて倒れるまでやめないです。
「はよ、そのヒモをリズミカルに動かさんか!、そのネコジャラシをピクピクと動かさんか!、そのボールを上下に動かさんか!」
まぁ、注文の多いこと、多いこと。
まったく若くない飼い主は、ノリマキと遊ぶともう青息吐息、ヘロヘロのヘバヘバです。^^

ノリマキがうちに来て、2週間あまり。
いろいろと猫をかぶっていたようです。
「家猫にしてください~」の懇願モードの頃は、トイレの成功率は100%で、もの覚えの良い猫だなあと感心していました。
それが、今や勝率は6割前後です。
何かが思いっきり、緩んでしまったようです。^^

猫の通例どおり、狭い隙間は大好きです。
オーディオラックの裏側、本棚の裏側、カップボードの裏側、そんな場所ですね。
ただ、AC100Vのケーブルがたくさん這っている場所なので、できれば進入してほしくない場所でもあります。
LANケーブルをガシガシ噛んで、ネットワーク不通にした前歴がありますから、ACケーブルだったら感電してしまいます。

なので、そういう場所にノリマキが入ると、あの手この手で引っ張り出そうとします。
最近、引っ張り出すための特効法を開発しました。
ノリマキのフードを保存してある納戸の鎧戸をギィ~ッと音をたてて開ければ、100%の確率で飛び出してきます。
もう、スポーンと音をたてて猫まっしぐら、という感じです。
ここまで分かりやすいと脱力するやら大笑いやらです。^^
3回に1回くらいは本物のフードを1~2粒あげていますが、いつまで有効でしょうか。
まあ、生後1年も経てば、物理的に入ることはできなくなるのですが。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-02 23:51 | Cats


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved