「ほっ」と。キャンペーン
Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
<   2006年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧
2006年 01月 31日 Nikon Coolscan IV ED vs. EPSON GT-X750



Canon A-1 / Canon NFD 50mm F1.4, Kodak Gold 100


今使っているフラットベッドスキャナ、EPSON Colorio GT-X750は安価なモデルですが、以前使っていたフィルムスキャナ、Nikon CoolScan IV EDより良いトーンだな、と思うことがときどきあり、比べてみることにしました。
片や実売2万円代前半の普及機、片や実売7万円の中級フィルムスキャナですが、両社の間には5年の歳月があります。
この5年間にローコストスキャナはどれほど使えるようになったのか、を調べてみました。

使ったフィルムは5年前にMF一眼レフで撮ったカラーネガフィルムです。
CoolScan IV EDのスキャンデータが残っているのは2002年までです。
病気が悪くなったときに、もう二度と写真など撮らないと思いこみ、処分してしまったのです。
ネガというのは保存性抜群のフィルムで、適当に放置してあったフィルムでも、5年ぐらいではまったく画質劣化がありません。
去年秋、20年前のニキさんのネガをスキャンしましたが、想像以上に色乗りがよく驚きました。
カラーネガフィルムというのは完成されたテクノロジーであることを強く感じます。

比較結果は、超主観ですが、「現代の普及クラスフラットベッドスキャナは5年前のミドルクラスフィルムスキャナと同等、あるいは超える部分あり」ということになりました。
デジタル機器にとっての5年というのは、やはり大きいです。
いかに、CoolScanといえど、5年も経てば普及機に追い越されてしまいます。

上の写真の場合、CoolScanのややコントラストが強いトーンが好きな人は多いと思います。
しかし、私の場合、眠いぐらいのトーンが好きなので、GT-X750のトーンの方が好きです。
階調表現もGT-X750の方がいいですね。ボトルの中の香草のディティールがよく出ています。





Canon A-1 / Canon NFD 50mm F1.4, Kodak Gold 100


こちらも、CoolScanの方がコントラストが高いはっきりしたトーンになっています。
片や、エプソンの方は眠いですが、階調はよく出ています。
まぁ、どっちが好きかは好みによると思いますが、軟調の方がコントラストを付けて硬くできるので、自由度は高いです。





Canon A-1 / Canon NFD 50mm F1.4, Kodak Gold 100


窓の外の色は、CoolScanの方がナチュラルですね。少し飛んでいますが。
GT-X750は温調に色カブリしています。
取り除くのは簡単ですが、これはこれで雰囲気があるような気がします。
窓外の階調表現もハイコントラストのニコン、ローコントラストのエプソンといった感じです。
早くデジタルでも、これぐらいのダイナミックレンジが表現できるようになってほしいです。

この調子で技術が進歩すると、あと5年もすれば素晴らしくトーンの良い安価なスキャナができていることでしょう‥‥、
‥‥、
‥‥、
ハッ、フィルムスキャナという商品がなくなっているかもしれない。orz
最近、フィルムを現像に出しに行くたびに、いつものDPE店はまだ営業しているだろうか?が気になります。
どう見ても流行っておらず、風前の灯火状態ですから。
20分現像店がなくなるのは確実ですが、問題はいつまで残るか?です。
もう2~3年、遊ばせてくれ~。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-31 16:44 | Hardware
2006年 01月 30日 冬の街 名古屋・錦三丁目



Canon EOS 100QD / Canon EF 50mm F1.4 USM
ILFORD XP2 SUPER 400, Scanned with EPSON GT-X750


写真にタイトルを付けるのが苦手です。
いつも苦し紛れに適当なタイトルを付けています。
あまり情緒的にしたくないときは、旧ソ連風の即物的名前を付けたくなります。
旧ソ連の都市名、トムスク16とかエニセイ4とかの数字名、SF的で案外いいんじゃないかと思ったりします。

空の写真は、「今日の空」の後ろに適当に地名などを付けてでっち上げていますが、これは上に書いたような理由からです。
今日の写真も、本当は「錦三丁目 #14」とかにしたいんですけど、お客さん帰ってしまいますからね。^^
まぁ、一応、それらしいものを考えるわけです。
今日のは失敗ですね。投げやり100%です。^^





Canon EOS 100QD / Canon EF 50mm F1.4 USM
ILFORD XP2 SUPER 400, Scanned with EPSON GT-X750






Canon EOS 100QD / Canon EF 50mm F1.4 USM
ILFORD XP2 SUPER 400, Scanned with EPSON GT-X750

[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-30 16:05 | Monochrome
2006年 01月 29日 日向ぼっこ猫



Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/3000sec., WB:Auto


いつもの空地です。猫たちが日向ぼっこしていました。
昨日、オヤツをあげたので、今日はかなり近づいても逃げません。
動物を餌で釣るという、漆原教授のような真似はしたくないのですが、有効性が高いのも事実です。

上の写真、手前で身繕いに余念がないのはオセロ兄弟の一匹、ほとんど白猫に見えるサバトラ猫です。
Xylocopal's Photolog 2005/12/17 今週の猫の2枚目の猫ですね。
脚をまっすぐ上に上げて、体操選手のようです。猫って身体が柔らかいですね。
真ん中は、おなじみシロクロくんです。
一番後ろは、初めて見る猫です。下にワンショットをUPしました。





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/1500sec., WB:Auto


なんだかよく分からない模様です。
サバトラシロに茶トラが混ざり、グレーも混ざったというような感じでしょうか。
雑種の猫は本当に面白いですね。
なかなか凛々しくお座りしています。





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/1000sec., WB:Auto


気持ちよさそうにうたた寝をしている茶トラ猫です。
Xylocopal's Photolog 2005/11/01 狩猟猫で、ハンティングしていた猫ですね。
今日は風が弱かったので、猫たちも日向ぼっこが気持ちよさそうでした。





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/1000sec., WB:Auto


狩猟猫の前に座るサバトラ猫、オセロ兄弟の一員です。
Xylocopal's Photolog 2006/01/07 屋根上のオセロ兄弟の3枚目の猫です。
鼻の上の模様が識別ポイントです。ハナクロくんですね。





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/1500sec., WB:Auto


ハナクロくん、今日は近くまで来てくれました。
このレンズ、最短撮影距離が1.5mです。マクロモードにしても95cmよりそばに来られるとピントが合いません。
ここの猫たちは、そんな近くには来ないと油断をしていたら、ハナクロくん、思いっきり近くまで来てくれました。
困るな~、遠近両用レンズ買わなきゃいけない。
タムロンの高倍率ズーム買うか‥‥、銭がないよ。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-29 19:00 | Cats
2006年 01月 28日 カップル猫



Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/350sec., WB:Auto


猫たちの恋の季節が始まりました。
あちこちで、オス猫がメス猫を求めてアオアオ鳴いています。
種保存の本能は、自分の生命を維持するための欲望を除けば最大プライオリティといいますから、オス猫たちは自分のDNAを残すため必死です。

上はめでたくメス猫に巡り会えたオス猫です。
手前の黒猫がメス、奥の茶トラ猫がオスです。
写真を撮った後、二匹は仲良く藪の暗がりの中に消えていきました。





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/250sec., WB:Auto


このサビ猫は、窓の外でアオアオ鳴いていましたが、飽きたらず、窓枠まで登ってしまいました。
家猫が「開けてくれ~」と鳴くのとは声が違います。
メスを呼ぶ、アオ~アオ~という悩ましい声で、ガラス窓に向かって鳴いていました。
家の人はさぞかしうるさかっただろうなぁ。^^





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F11.0, 1/2000sec., WB:Auto


「ああ、忙しい、忙しい」と言いながら走り去っていくこの猫は、この界隈きっての色事師です。
忙しいのは、あちこちに愛人を囲っているからです。
あっちでアオアオ、こっちでアオアオ、いたるところでメスを呼んでいるのを見かけます。
今日も、二ヶ所で見ました。^^
ピンクの首輪をしてるので、簡単に識別できるんです。

"Xylocopal's Photolog 2005/03/30 I love you!"には、彼が素人娘をたらし込んでいる瞬間が写っています。
猫のキスシーン、見たことがない人は見てください。かわいいですよ。^^

この界隈、彼のDNAを受け継いだ猫ばかりが増えそうです。
何しろ、マメな奴だから、妊娠可能なメス猫は手当たり次第に声かけているような気がします。
とにかく精力的な奴です。魔法の呪文でも使っているのでしょうか。^^

二股、三股がけの色事師ではありますが、彼はなかなかジェントルです。
惹かれるメス猫が多いのも分かります。
決して、イケメン猫ではないのですが、もてているようです。
ワルの魅力でしょうかね。^^





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/1000sec., WB:Auto


「ボク、お子ちゃまだから関係にゃいも~ん」とばかりに顔を洗っているのは、オセロ兄弟の愛すべき三枚目、シロクロくんです。
お前、そんなところで、のほほ~んと顔を洗っている場合じゃないだろ?
去年の春生まれなんだから、人間に換算すれば15歳、昔なら元服だ。
自分のDNAを残さなくていいのか?
「ボク、食欲と睡眠欲しかないからいいも~ん」と言われそうです。^^
こういうのんびりしたDNAも残ってほしいんですが、なかなか生存競争に勝てそうもないです。
がんばれ~。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-28 16:55 | Cats
2006年 01月 27日 地下鉄通過写真



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF17-35mm F2.8-4 Di
ISO400, F9.5, 1/8sec., WB:Auto


相変わらず懲りもせず、地下鉄に乗ると、こんな写真ばかり撮っています。
地下鉄の通過シーンをスローシャッターで撮るだけの何の芸もない写真ですが、これが好きでやめられません。^^
このPhotologでも過去ログを調べれば、5~6枚はあるはずです。
変わり映えのしない、同じような写真を何枚も飽きずに撮るのは、どこか感性が壊れているのかもしれません。^^
今回、UPしたのは年が明けてから撮った分です。

この写真、撮り方は簡単です。
できるだけ広角のレンズを使い、シャッタースピード優先AEで、1/8sec.~1/4sec.に設定するだけです。
あとは、ぶらさないよう、がっつりカメラを構えて、しかるべきタイミングでレリーズするだけです。

上の写真は、桜通線・名古屋駅くだりホームです。
17-35mmを付けていたので、スローシャッターに自信がなく、1/8sec.とヒヨっています。





Canon EOS 100QD / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
Konica Minolta Centuria Super 100, F4.5, 1/4sec., Scanned with EPSON GT-X750


桜通線・吹上駅のぼりホーム。銀塩フィルムで撮ってます。
このレンズ、APS-Cイメージセンサ専用レンズですが、14mmあたりから四隅が蹴られずに撮れます。
上の写真は、15mmぐらいで撮っています。
周囲ははっきり分かるほど像が流れていますが、このパースペクティブの魅力には勝てません。
この15mmの写真を見てから、上の28mm相当の写真を見ると、広角レンズで撮ったように見えません。^^





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F5.6, 1/10sec., WB:Auto


東山線・亀島駅のぼりホーム。
赤いテールライトが点いていることから分かるように、去っていく列車です。
こっちの方が撮るのは難しいです。
近づいてくるときはターゲットが視界に入っていますが、去っていくときは最後尾車両は視界に入っていません。
どれが最後尾車両か分からないので勘でシャッターを切るのですが、なかなかうまくいきません。

この写真は明らかにコンマ数秒レリーズタイミングが遅いです。
テールライトは画面中心より右にないと収まりが悪いです。
とはいえ、レリーズタイミングが遅れたおかげで、くだり側を走り去る列車が写りました。
狙ったわけではないです。あくまでも偶然。
こういうのを怪我の功名といいます。^^





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, F11.0, 1/6sec., WB:Auto


桜通線・名古屋駅くだりホーム。
特に書くことはないです。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-27 18:38 | Favorites
2006年 01月 26日 昨日の空 亀島~名古屋駅



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/1000sec., WB:Auto


亀島ガード下をくぐると嫌でも目に入る大きな看板です。
「月下美人」と書いてあります。
下の入口には、半裸のお姉さんの写真がべたべたと貼ってあり、「アルバムから女の子を選べば指名料不要」と書いてありました。
まぁ、そういうお店です。^^
大学軽音楽部時代、この手の店は「るーとこ」と呼ばれていました。
後輩たちは「するへ」とでも呼んでいるのでしょうか。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F11.0, 1/180sec., WB:Auto


建築中の名古屋ルーセントタワーです。
建築主は"牛島市街地再開発組合"となっていますが、早い話が名鉄と中部電力、トヨタ自動車などの寄合所帯です。
建築現場には中電マークがでかでかと描かれ、都心に発電所でも作っているのかと思いました。
私、あのマークを見ると発電所の建設現場を思い出すように刷り込みが入っています。^^
原子力、水力、重油火力、石炭火力‥‥、そんな発電所の建設現場ばかり仕事で行ってたものですから。

調べてみると、予想どおり、大規模地下変電所が作られるようでした。
最近の都市変電所のトレンドは地下変電所です。
27万ボルト、50万ボルトなどの大電力変電所は地下ばかりに作られています。
名城公園にある大規模地下変電所建設の様子を撮ったことがあります。
深さが50mぐらいあり、下まで降りると登ってくるのが大変でした。

名古屋ルーセントタワーの高さは180m。名古屋テレビ塔と同じです。
247mのミッドランドスクエア、JRセントラルタワーズに比べると低いですが、なかなか堂々としたビルです。
東壁面が緩やかなカーブを描いているあたりに色気を感じます。
ミッドランドスクエアの無愛想さに比べると、都市景観というものを考えて設計されたビルだと思います。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/750sec., WB:Auto


名古屋駅前の高砂殿です。
予備校密集地帯でもあります。
歩いているのは予備校生風の若者が多いです。
春は近いぞ、がんばれ~。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F11.0, 1/500sec., WB:Auto


名古屋駅西口です。
この角度から見ると、JRセントラルタワーズのホテル棟とオフィス棟の間に茶色いミッドランドスクエアが垣間見えます。
瀟洒なタワーズに比べると、ミッドランドスクエアはシックというより、ただただ地味に見えます。
あれが完成すると色々いわれるぞ、きっと。
「実利優先の面白味に欠ける、いかにも名古屋らしいビル」などと。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-26 20:28 | Sky
2006年 01月 26日 今日の空 名古屋・御器所 落日



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F22.0, 1/60sec., WB:5200K


いつもコメントをくれる、naokiさん、ハヤシさんと御器所でミニOFFしてきました。
コメダコーヒーで中年男が三人で雑談。楽しかったです。^^

写真は、帰途、名古屋・御器所交差点で撮った夕景。
空にマッハバンドが出ています。
もちろん、天然の空には出ませんが、階調再現の苦手なデジタル写真だと、こうした微妙なグラデーションではどうしても出てしまいます。
撮ったままでもある程度出ていますが、レタッチをするとますます強調されます。
16bit/channelでレタッチをすればかなりマシになりますが、元が出ているだけに、どうにもなりません。
RGB各チャンネル24bit RAWぐらいのデジカメ、出ないかなあ。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-26 17:50 | Sky
2006年 01月 25日 亀島ガード下



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F8.0, 1/10sec., WB:Auto


ノリタケの森に行く途中に通る、亀島ガードです。
名古屋駅のすぐ北側にあり、上をJR在来線、JR新幹線、名鉄がひっきりなしに走っています。
地下鉄・亀島駅を出て、このガード下に来たとき、実にモノクロ的風景だなぁと思いましたが、あいにく銀塩カメラを持っていませんでした。
あとで、レタッチでモノクロ化して粒子感を付け加えてやろうと思い撮ってきましたが、いざやってみると何だかスカスカです。
こりゃイカンと思い、カラーのまま、逆に色をコテーリと乗せてみたら、こっちの方が雰囲気が出ました。
なかなか、目論見どおりいかないものです。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F4.5, 1/8sec., WB:Auto






Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F8.0, 1/30sec., WB:Auto






Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F8.0, 1/10sec., WB:Auto

[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-25 23:54 | Rusty Scene
2006年 01月 25日 ノリタケの森



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/350sec., WB:Auto


名古屋駅北にある"ノリタケの森"に行ってきました。
ノリタケの森は、2001年秋にオープンした複合施設で、陶磁器の名門ノリタケグループの記念館的役割を果たしています。
名古屋の人なら、ノリタケ本社の場所は知っていると思いますが、その隣にあります。

今回、ノリタケの森を訪れたのは、写真展「日本の子ども60年」を見るためです。
社団法人日本写真家協会が主催する写真展で、1945~2005年の戦後60年間の子供の写真が集められています。
出展写真家は、土門拳、木村伊兵衛、植田正治、荒木経惟、篠山紀信、森山大道ら150名あまりで、日本を代表するそうそうたる顔ぶれです。
写真史に残る有名な写真も何点も出ています。

東京、名古屋、京都、横浜で開催されますが、何故か名古屋だけが入場無料。
ノリタケが太っ腹なのでしょうか。考えられます。
ノリタケの森ギャラリーは写真展開催に熱心で、一昨年には、不肖・宮嶋茂樹報道写真展なども行われています。
これは行くしかないと思い、今日の昼過ぎにノリタケの森に向かいました。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO400, -1.0EV, F8.0, 1/8sec., WB:Auto


200点あまりにしては見応えがありました。
知っている写真も多く、本当に入場無料でいいのか?と思います。
力のある写真ばかりで、さすがに名前の知られた写真家はいい仕事をしてきたのだなぁと実感します。

この写真展、テーマは「子供」ですが、「日本の写真60年」と言い換えても通用しそうです。
なかなか、これだけの質の写真が一堂に会する機会はないと思います。
時間を作ってでも見に行かれるといいと思います。
今週末までやってます。

 -----------------------
 社団法人日本写真家協会 企画展
  写真展 「日本の子ども60年」 - 21,900日のドラマ-

  2006年1月17日(火)~1月29日(日)
   10:00~18:00 (最終日 16:00閉館)
   入場無料
   会場: ノリタケの森ギャラリー 第1/第2展示室
 -----------------------

展示室内は撮影禁止です。
上の写真は主催者許可をもらって撮影しています。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/750sec., WB:5200K


ノリタケの森には、美しい煉瓦作りの建物が並んでいます。
ここは、ノリタケグループ、通称・森村組の発祥地です。
ノリタケ、TOTO、NGK、NTK、日本ガイシ、大倉陶園などのルーツが、名古屋市西区則武新町のこの場所なのだとか。
この赤煉瓦の建物群は、森村組の最初の陶磁器工場です。
創業者、森村市左衛門が、1904年(明治37年)に作ったものといわれ、1975年まで稼働していたそうです。
次回ゆっくりと撮ろうと思っています。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/500sec., WB:5200K


不肖 宮嶋茂樹ファン必見!
 不肖・宮嶋 報道写真展 -いつでも どこでも だれとでも-
  名古屋ノリタケの森ギャラリー 担当者日記
  http://www.fushou-miyajima-ev.com/diary_n.html
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-25 17:36 | Scenery of the City
2006年 01月 24日 今日の空 ウルトラマリンブルー



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF17-35mm F2.8-4 Di
ISO100, -1.5EV, F8.0, 1/1500sec., WB:5200K


"Xylocopal's Weblog 2005/02/27 祝!H-IIA 7号機 打上げ成功!"を読めば分かるとおり、私はロケットオタクです。
今日も朝から、H-IIA 8号機の打上中継を見ていました。
H-IIAの打上はときどきヘマをするので結構手に汗を握ります。^^

いやぁ、すばらしいです。よかったです。見事成功!
名古屋港産のH-IIA F8、よくやった。
「大地」、がんばれ~!
と、機械である陸域観測技術衛星(ALOS)に感情移入してエールを送るぐらいですから、相当病気です。

今日は種子島はあいにく雲の多い天気でしたが、ロケットには青空が似合います。
青空を目指して轟音とともに、次第に速度を上げて駆け上がるロケットは本当に美しい。
特に、離床開始後15秒ぐらいのロケットは悶絶するほど美しいと思います。
あんなクソ重いものがゆっくり上がっていく。もうそれだけで感動もの。涙が出そうです。

今回のペイロード「大地」の重さは4トン。
物理的な重量だけなら、ガガーリン搭乗のボストーク1号に匹敵します。
純国産のロケットがボストーククラスのペイロードを打ち上げられる日が来るなんて‥‥。
いやぁ、生きていて良かったです。
と、また、写真と全然関係ないことを書いてしまったよ。^^





Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO100, -1.0EV, F8.0, 1/1000sec., WB:5200K






Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -1.0EV, F5.6, 1/350sec., WB:5200K






Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiII
ISO100, -2.0EV, F22.0, 1/180sec., WB:5200K

[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-24 17:14 | Sky


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved