Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
<   2005年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧
2005年 06月 30日 今日の空 2005/06/30



Akebono-cho 3, Showa-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, -1.0EV, F11.0, 1/1000sec., W/B:Auto


今日の名古屋の最高気温は33.3℃。
ここのところ、こんな気温が続いています。
風が強かったためか、空は比較的澄んでいました。







Akebono-cho 3, Showa-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F11.0, 1/350sec., W/B:Auto


以前、ドン曇りの日に撮った近所の路地です。
元ドライクリーニング店の看板がひときわ赤く見えます。
猫でも歩いていてくれたらよかったのですが、この路地で猫さんを見たことがありません。
人が歩いているのもあまり見かけないのですが。







Akebono-cho 3, Showa-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, -1.0EV, F11.0, 1/750sec., W/B:Auto


このレンズ、103°の画角がありますから、天頂まで写っているはずです。
上に行けば行くほど深くなるはずの空の青みが、ピークを超して薄くなっています。
左上の方に太陽があるのです。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-30 17:08 | Sky
2005年 06月 30日 名古屋港イタリア村 #2



VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F9.5, 1/125sec., W/B:Auto


昨日のエントリに続いて、今日もイタリア村です。^^

これは名古屋港イタリア村の正面ゲートです。
入場無料ですから、チケットもぎりも誰もいません。ツーツーに出入りできます。
何回も出たり入ったりして写真を撮りましたが、やはり入場無料というのはいいですね。

4月にできたばかりの施設ですが、今は疑似古色仕上技術が向上しているので、けっこう古びた建物に見えます。
天気が良ければ、さらに映えるのでしょうが、昨日は雨が降ったりして、空は真っ黒でした。
暑くなかったのが救いですが。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F8.0, 1/250sec., W/B:Auto


運河沿いのブティック街です。
来訪者が少なく見えますが、けっこう来てましたよ。
平日の昼間だというのに、人が多すぎて写真にならないときがときどきありました。
ここは夜景も良さそうです。
毎日、花火も上がっているそうなので、そのうち夜にもう一度行ってみようかと思ってます。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F9.5, 1/180sec., W/B:Auto


運河沿いの裏道です。
パチモンのイタリアといえど、ゼラニウムの花がよく似合っています。
街のあちこちに、古いイタリア映画のポスターがベタベタと貼ってあります。
イタリアン・ニューリアリズムの作品とマカロニウェスタンの作品が一緒に並んでいるあたり、いかにも、イタリアの下町風で面白かったです。
なかなか、詳細に現地を研究しているものと思われます。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F11.0, 1/250sec., W/B:Auto


イタリア村のメインストリートです。
まわりは書き割りだらけです。
それでも、オープンテラスで、テイクアウトの食べ物、飲み物などを食べながら一服していると、けっこうその気になってきます。^^
パチモンイタリアでも、書き割りだらけでも、作りがやぐくても、何しろ入場無料ですから許せてしまいます。^^
これで、有料だったら、こんな似非イタリア、二度と来るもんかと思うのでしょうね。
無料にしたのは賢明だったと思います。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F8.0, 1/90sec., W/B:Auto


ゴンドラの方向転換です。
長いフネなので操船はたいへんそうです。

それにしても、このレンズ、少し軸をずらすとてきめんに歪みますね。
背後はヴェネチアンガラス美術館&"ミケランジェロのダヴィデ像"のパチモンですが、壮大に歪みまくっています。
この焦点距離だと、そろそろ魚眼レンズに近いのですね。
ゴンドラ自体は迫力があるのですが、使い方が難しいレンズです。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F9.5, 1/90sec., W/B:Auto


メインストリートと運河とゴンドラです。
左側の書き割りは、元某海運会社の倉庫です。
味気ないコンクリートの建物のままでも良かったような気がしますが、一般的人気はこちらの方があるでしょうね。
あと5~6年経って、本当に少し古びてきたら、味わいが出るような気がします。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F8.0, 1/90sec., W/B:Auto


土日祝日の場合、こうした路地も大勢の人で埋まるのでしょうね。
写真を撮る目的で行くのなら、有給取ってでも、平日に行った方が良いです。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO200, F8.0, 1/90sec., W/B:Auto


正面ゲートを入ったところです。
よくできたパチモンの街ですが、スケール感だけは真似できないですね。
このレンズで撮ってるから、多少広そうに見えますが、実物はかなり狭いです。
箱庭、ロケセットといった感じですね。
どこのテーマパークでも似たようなものでしょうが。
まぁ、入場無料だから許せます。(こればっか)^^
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-30 11:09 | Scenery of the City
2005年 06月 29日 名古屋港イタリア村



VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F9.5, 1/350sec., W/B:Auto


"名古屋港イタリア村"に行ってきました。
女房が友人2人とイタリア村で会うけど、あんたも一緒に来るか?と言うので、行く行くと言ってついていきました。
女房の高校の同級生ですから、みんな同い年。47歳のおばさん3人とデート?してきたわけです。^^
結婚当時から知っている友人たちばかりですから、気楽なもんです。

イタリアンバイキングで昼食を食べた後は自由行動で、おじさんは写真撮りまくっていました。
ときどき、女房たちと出会うと、写真係もやりました。^^
「そのカメラ、高いんでしょ?」と余分なことを言う友人がいて、おじさん、肝を冷やしました。^^
女房には値段を言ってないし、レンズ買ったことも言ってないんです。^^







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, F9.5, 1/180sec., W/B:Auto


イタリア村は、今年4月に名古屋港にできたショッピングアーケードで、入場無料が嬉しいパチモンのイタリアです。
(土日祝日は1000円の商品券を買わされるそうです。)
パチモンながら、写真に撮るとけっこう本物に見えるあたり、ロケセットの中にいるようです。
この写真は本物が写っていますが、中には書き割りの窓とかドアとかあります。^^
"こんなやつ"です。
いいんですけどね、入場無料だから。^^







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, F6.7, 1/90sec., W/B:Auto


このイタリア村、一応、ヴェネチアをモデルにしているため、運河が何本もあり、観光用のゴンドラが運航しています。
ゴンドラの船頭はイタリア人ばかりです。
イタ公の操船で大丈夫か?(差別発言失礼)と思うのですが、酒も飲まず、けっこう真面目にゴンドラを操っていました。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO400, F6.7, 1/45sec., W/B:Auto


ここは準観光地のようで、スナップ撮り放題のありがたい場所です。
カメラマンもたくさん来ており、いちいち撮られることを気にしてはいられません。
カメラマンは年配の方が圧倒的に多かったですね。
こういう場所だから、超広角を使っているかと思いきや、望遠レンズを使っている人が多いのに驚きました。
三脚まで付けて熱心に撮っていましたが、望遠レンズで何を狙っていたのか謎です。

写真教室とおぼしきグループもいました。
先生役の人と、中年の男女がたくさん。^^
ぞろぞろと移動しながら撮っていましたが、集団で撮影していて、欲求不満にならないのかなぁ。
おじさんだったら、脱走します。^^

背景の建物の窓はすべて書き割りです。
壁にペンキで窓やドアが描いてあるのです。
けっこう、リアルですが、この写真ではばれますね。^^
元は海運業者の倉庫でした。
中はショッピングモールになっています。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO400, F4.5, 1/30sec., W/B:Auto


ショッピングモール内部です。
3階建てで、店の数は多いです。
レストラン、カフェ、トラットリア、バルなども多いです。







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO400, F5.6, 1/90sec., W/B:Auto


昼食を食べた、イタリアンバイキングの店です。
60分1800円で食べ放題、ソフトドリンクも飲み放題です。
味は非常に優秀でした。種類も多かったです。
名古屋圏の方、お勧めですよ。^^

当然、人気があるわけで、30分並んで入りました。
この写真を撮ったのは、14時40分頃ですから、さすがにガラガラです。
平日の14時すぎに来れば並ばずに入れるはずです。
土日祝日のランチタイムは想像するのさえ恐ろしいです。^^







VILLAGGIO ITALIA / Port of Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO400, F4.5, 1/20sec., W/B:Auto


17時くらいまで、ここにいて、その後、ガーデン埠頭に着岸しているスペインの帆船、ビクトリア号を見物に行きました。
愛・地球博スペインパビリオン、海上別館になっている帆船です。
これについては、また後で書きますね。



----------------------
イタリア村シリーズは続編があります。
 "Xylocopal's Photolog 2005/06/29 名古屋港イタリア村 #1"
 "Xylocopal's Photolog 2005/06/30 名古屋港イタリア村 #2"
 "Xylocopal's Photolog 2005/07/16 名古屋港イタリア村 #3"



----------------------
2005/07/05 追記:
"Xylocopal's Weblog 2005/07/05 マゼラン艦隊の帆船 ビクトリア号"に、スペインの帆船、ビクトリア号のことを書きました。
興味のある方は、みてください。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-29 22:06 | Scenery of the City
2005年 06月 28日 今日の空 2005/06/28



Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, -1.0EV, F11.0, 2.0sec., W/B:5200K


20時少し前の西の空です。
いい形の雲が出ていたので、カメラと三脚を持って走ったのですが、間に合いませんでした。
撮れたのは、こんな細切れの雲だけ。
雲の移動速度って、意外に速いです。
今日だけ速いのかな。
明日は天気が崩れそうです。







Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F16.0, 1/1000sec., W/B:Auto


午前中に撮ったものです。
雲が多い1日で、ほんの一瞬、青空がのぞきました。
梅雨なのに、うろこ雲もどきです。めずらしいですね。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-28 20:20 | Sky
2005年 06月 28日 この木なんの木気になる木



Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO400, F5.6, 1/1500sec., W/B:Auto


chilinさんに、「待ってても、茄子はならないよ」と言われた謎の花です。
オリジナルは"Xylocopal's Photolog 2005/06/21"にあります。
たくさん咲いているのを見つけました。
この咲き方は明らかにナスではないですね。
いったい何なんでしょうね?^^
あとで、BLOG PEOPLEの「花鑑定サイト」にTBしておきます。
きっと、親切な人が教えてくれるでしょう。^^

見た感じはナスやジャガイモに似ているんですけどね。うーむ。
黄色い雄しべを見たとき、ナス!と思っちゃったんですけどね。^^
白花と紫花が一緒に咲くとは面白いです。







Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F5.6, 1/500sec., W/B:Auto


こっちが正真正銘のナスの花です。
証拠は下にあります。同じ幹になっていました。^^
でも、上の花、ナスに似ているよね?




Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F5.6, 1/125sec., W/B:Auto


花が咲く一方で、実もなるとは知りませんでした。
このナスビ、もう収穫できそうなサイズでしたよ。
長さは10cmくらいはあります。
焼き茄子食べたいなぁ。^^







Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO400, F5.6, 1/1500sec., W/B:Auto


オマケのヤマトシジミくんとマツバギク。
マツバギクの太くて豪快な葉が分かります。
たしかに多肉植物だよ、これは。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-28 16:22 | Flowers & Plants
2005年 06月 28日 アガパンサス



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF90mm Di Macro
ISO200, F5.6, 1/750sec., W/B:Auto


近所で、一斉にアガパンサスの花が咲き出しました。
おじさんの家にも2鉢あります。
みんな同じタイマーで動いているかのように、同じタイミングで咲くのは不思議です。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF90mm Di Macro
ISO200, F5.6, 1/350sec., W/B:Auto


ところで、この花、ア(バカ)ンサスという名前だと思っていました。^^
アバカンサスで検索しても、あまり数がヒットしないので調べてみたら、正解はア(ガパ)ンサスでした。
バカではなくガパなのね。
アフリカ原産の花で学名を、"Agapanthus africanus"というそうです。

おじさんのように間違った名前で覚えている人が多いらしく、アバカンサス、アカバンサス、アパガンサスあたりで検索しても一応ヒットします。
もう勝手に名前を付けて、いろいろな名前で呼ばれている花のようです。

和名はムラサキクンシランだそうですが、クンシランとは似ていないですねぇ。
そもそも、所属する科が違うようです。
アガパンサスはユリ科、クンシランはヒガンバナ科なんですね。

おじさんの家にもクンシランありますよ。
"Xylocopal's Photolog 2005/04/09"に、綺麗に咲いたクンシランの写真があります。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-28 15:51 | Flowers & Plants
2005年 06月 27日 Red, Blue and Gold



Sakae, Nagoya
Canon EOS 10D / SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
ISO200, F9.5, 1/250sec., W/B:Auto


4月に撮ったものです。
何となくUPせずにいました。
非常に天気の良い日で、素晴らしい青空が広がっていました。
ビルの青い部分は、すべて青空の反射です。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-27 10:36 | Scenery of the City
2005年 06月 26日 気温33.3℃の空



Kanayama, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, -2.0EV, F22.0, 1/750sec., W/B:Auto


レンズの設計、特に絞り羽根の形状だと思うのですが、このレンズ、あまり綺麗な光条が出てくれません。
SIGMA 18-125mmズームの方が、しっかりとした形の良い光条が出てくれます。
クロスフィルター一発入れれば解決できるのですが、クロスフィルターは軟調効果があるので、こういう被写体には向かないんですね。
PhotoShopの逆光フィルターも形が綺麗すぎて嘘丸わかりになります。
TVニュース取材で使っている、CanonやFujinonのレンズは綺麗な光条が出ますね。
値段ばかり高くて、ろくなレンズじゃないんですが。







Kanayama, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, F13.0, 1/350sec., W/B:Auto


思いっきり傾いています。^^
最近、このレンズに慣れてきたせいか、これぐらい傾いても、気にならなくなってきました。
感性の麻痺というやつです。
補正しようとは全然思わず、より一層傾く方向にカメラを振っています。阿呆です。^^
だから、「こんなおかしな写真を撮る人は‥‥」と言われるのです。[参照]







Kanayama, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, F13.0, 1/250sec., W/B:Auto


近代的な建築物と、レトロな感じの街灯の対比が面白かったから撮りました‥‥、なんてことは全然思わずに撮ってます。^^
帰ってきてから見直すと、そういやそうだな、と思うぐらいです。
おじさん、そこまで考えて写真撮ってないです。
動物的感だけで撮ってますよ。^^
もっと、コンセプチュアルになった方がいいんですけどね。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-26 13:01 | Sky
2005年 06月 25日 ヒマワリ1号



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II
ISO200, F8.0, 1/350sec., W/B:Auto


今日は全国的に猛暑だったようですね。
名古屋でも、33.3℃まで上がったようです。
兵庫県の北の方では、豊岡市など37℃を超えたそうです。
た、たまら~ん。

写真は、今年のヒマワリ第1号です。
大きく見えるかもしれませんが、実物はコスモス大です。
最初見たとき、元気のいいガーベラがあるな、と思ったくらいです。^^
持っていたレンズがこれだけだったので、無理して撮りました。
レンズ前5cmくらいのところに花があります。
何しろ超広角ですからね。^^
しかし、ちっとも超広角くさくない写真になっています。不思議です。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-25 21:17 | Flowers & Plants
2005年 06月 25日 On the Move!



Kamimaezu, Naka-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO100, F4.5, 1/2sec., W/B:Auto


nobuharu31さんの"写楽屋本舗/どこへ…"にTB
-------------------

nobuharu31さんの写真を見て、スローシャッターというのも面白いなと思い、あれこれ試してみました。
結論から言うと、超広角レンズは手ブレが目立たないので、1/2秒あたりまで手持ちで使える!ということです。^^

これは、いつもの地下鉄写真。
いつもは、1/10sec.~1/15sec.ぐらいで撮ることが多いのですが、思い切って1/2sec.で撮ってみました。
手持ち撮影です。三脚、一脚の類は使っていません。大股開いて、がっつりホールドしてます。

綺麗に電車が溶けていますが、少しものたりないです。もっと凄まじく溶けているかと思っていました。^^
1/2sec.だと、連写でも次のチャンスは電車が通り過ぎています。
ここぞ!というところで、しっかりシャッター切らないと、サマにならないようです。







Kanayama, Naka-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO100, F9.5, 1/4sec., W/B:Auto


金山駅の切符売り場前で。
真ん中のカップルだけが静止しているので、くっきり浮き上がって見えます。
1/2sec.、1/4sec.あたりで日常風景を撮ると面白いです。
これはクセになるかもしれません。^^
やっぱり一脚ぐらいはあった方が良さそうです。
今度は持って行きます。一応持ってはいるのです。使ったことないんだけど。
便利そうだから、と大昔に買ったのですが、便利そうだというだけでは使わないもの、けっこう多いですね。







Kanayama, Naka-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO100, F22.0, 1/4sec., W/B:Auto


金山駅コンコースのロングショット。
1/2sec.まで落とせば良かったなぁと思います。
ISO100、F22ですから、AEではそろそろ限界ですが、あと一段くらいはマイナス補正で何とかなります。
それ以上、遅くしたいときはマニュアル露出ですかね。

背景はどっしり構えて動かないのに、動いている人間は半透明に透きとおって、この場に存在しないかのようです。
動いている人間が、これほど危うい存在だとは知りませんでした。
三脚据えて、NDフィルター付けて、2~4秒程度の露出をかけたら、面白い写真になりそうです。







Kanayama, Naka-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO100, F11.0, 1/6sec., W/B:Auto


超広角レンズは手ブレしにくいと昔からよくいわれます。
一般に、手ブレするシャッター速度は、

(1/焦点距離)sec.

ということになっています。
50mmレンズだったら、1/50sec.、300mmレンズだったら、1/300sec.ですね。
一方、28mmレンズでは、1/28sec.になります。
このタムロンの超広角は35mm換算17mmのレンズですから、1/17sec.までは手ブレが目立たないはずです。
実際に使ってみると、限界値はもう少し低いようです。1/8sec.くらいまでは楽勝です。
2番目と3番目の写真はよく見ると微妙にぶれていますが、この写真はビシッと決まっています。
この手の写真は背景はできるだけブラさず、ビシッと決めないと格好悪いようです。
全部ブラすと、いわゆるロモグラフィになります。いいんだけどね、ぶれてても。^^







Kanayama, Naka-ku, Nagoya
Canon EOS 10D / TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 Di II
ISO400, F4.5, 1/8sec., W/B:Auto


このレンズ、軽い樽型歪曲のはずなんですが、こういうものを撮ってもほとんど気にならないですね。
直線がきれいに伸びています。
さすがに金山駅コンコースの屋根は軽く歪曲して見えます。
現実にはフラットな屋根ですが、軽く弧を描いているように見えます。
これを補正しようと思ったら、アオリやティルトが必要になりますね。

絞り開放の上、少しぶれてますから、甘い絵になってますが、まぁ悪くないレンズだと思います。
この手の超広角の中ではずば抜けて安いですしね。^^
名古屋弁で言うところの「お値打ち」というやつです。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-25 16:08 | Scenery of the City


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved