Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2005年 02月 18日 ニキさん点滴中
c0014565_2345311.jpg


Niki 2002
Canon PowerShot S30


2002年8月の撮影。
点滴中のニキさんです。
今、針を抜いてもらい、帰ろうとしているところです。

この写真では分かりにくいですが、脱水のため、右目が落ちくぼんでいます。
美人台無しです。
血管を出すために、両前足の内側の毛が剃られています。

ニキさんにとっては、この保育器での生活は慣れたものになっていました。
非常におとなしく、この中でじっとしていました。
自分には、今、点滴が必要なのだと分かっているかのようでした。
普通は、留置針を抜いてしまう動物が多いので、点滴中はエリザベスカラーというパラボラ型の襟巻きを付けられるのですが、ニキさんの場合は不要ということで、普段のまま、点滴が受けられました。

それにしても、この病院、医療水準は非常に高かったのですが、設備はイマイチでしたね~。
いまどき、こんなオンボロ保育器を使っている病院はないのではないかしらん。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-18 00:01 | Cats
2005年 02月 17日 ひかりもの #5
c0014565_23515032.jpg


VEB Welta Welti Ic 1951 / Carl Zeiss Jena T Tessar F2.8/50mm
FUJICOLOR SUPERIA 100, F8, 1/100sec.


"VEB Welta Welti Ic"で撮ったもの。
光っていなくても、ひかりものを撮るおじさんです。
この格好良い街灯は、名古屋の名鉄/JR金山駅にあるものです。
夜はちゃんと光ります。
今日、中部新国際空港が開港しましたから、アクセスターミナルとなる金山駅は、さぞかし、にぎわうことになるでしょうね。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-17 00:05 | Scenery of the City
2005年 02月 16日 川名稲荷
c0014565_019739.jpg


Kawana-Honmachi 4, Showa-ku, Nagoya
Canon PowerShot S30


近所の川原神社にある摂社「川名稲荷社」です。
奥に見える社の両脇に狐がいます。

この神社、以前、冬眠明けの亀さんの写真を上げたことがありますが、あの亀さんが住んでいる神社です。
神社と亀さんのことを母屋の方に上げました。
"川原神社(亀に引かれて結婚式)"
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-16 00:24 | Scenery of the City
2005年 02月 15日 Niki 2001
c0014565_23402649.jpg


Niki 2001
Nikon Coolpix 950


闘病中のニキさんです。
窓辺にあごを預け、けだるそうです。
かつて、カラスの濡れ羽色と言われた被毛も、艶がなくなり、白髪も混じっています。
まだ、この頃は、それほど痩せ細ってはいません。3kgぐらいはあったのかな。
最後の1年は、骨格が分かるほど痩せてしまいましたが。
右目も落ちくぼんでしまいましたが、この頃はまだ大丈夫なようです。


Profileに、ニキさんを抱いている似顔絵を載せました。
何だか、あまり似ていません。
ジャン・レノの崩れたようなものができてしまいました。
もちろん、あんなに格好良くはありません。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-15 00:01 | Cats
2005年 02月 14日 駐車場猫
c0014565_1627368.jpg


Kawana-cho 3, Showa-ku, Nagoya
Canon PowerShot S30


昨日、散歩の途中に出会った猫です。
怪我をしたのか、先天的な奇形なのか、右耳が潰れたような形をしています。
身体の色も変わった色です。
元は真っ黒だったのが、色褪せたような羊羹色をしています。
でも、おじさん、こういう猫、好きですよ。

持っていた煮干をあげたのですが、すぐには食べませんでした。
しばらく経ってからも、匂いを嗅いだだけで、結局食べませんでした。
充分食べている猫なのでしょうか。
毛艶はお世辞にも良いとはいえないのですが、割合ふくよかな顔をしています。
まあ、猫のふくよかなのは長毛種の場合、寒い季節の場合はアテになりませんが。
それにしても、ニャジラに似ていませんか?この猫。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-14 00:06 | Cats
2005年 02月 13日 Niki 1999
c0014565_0443321.jpg


Niki 1999
Nikon Coolpix 900


"Xylocopal's Weblog""黒猫物語(18年間ともに過ごした猫)"を掲載しました。
ニキさんの物語です。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-13 00:48 | Cats
2005年 02月 12日 ひかりもの #4
c0014565_23572193.jpg


KODAK Retina I Type 141 1937 / Kodak Anastigmat Ektar F3.5/50mm
KODAK GOLD 100, F5.6, 1/100sec.


"Kodak Retina 1 Type 141"で撮影したもの。
おじさんが、いかに「ひかりもの」ばかり撮っているか分かりますね。
ちょっと新しそうな「ひかりもの」ですが、まわりの雰囲気はけっこうレトロです。
本物のレトロだと、点灯していないものが多いので、結局撮るのは「偽レトロ」が多くなります。
ヨーロッパへ行けば、本物ばかり、撮るものだらけで困るぐらいなんですが。
1992年に、フランス、ベルギー、オランダと仕事で行きましたが、仕事がらみだと落ち着いて写真が撮れないですね。
でも、街の雰囲気は本当に良いですね。ヨーロッパは。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-12 00:05 | Scenery of the City
2005年 02月 11日 寝るnya
c0014565_001740.jpg


Camnya 2000
Nikon Coolpix 950


猫としては妙な寝相のカムニャくんです。
彼は本当に身体が柔らかく、酢でも飲んだのかと思えるほどでした。
暖かくなると、こういう寝相で、邪魔なところに広がっていたものです。
それにしても、本当に無防備な猫だったのだなあ。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-11 00:03 | Cats
2005年 02月 10日 ひかりもの #3
c0014565_0443121.jpg


Agfa Solinette 1953 / Agfa Solinar F3.5/50mm
KODAK GOLD 100, F5.6, 1/100sec


"Agfa Solinette"というカメラで撮ったもの。
ひかりものなんですが、ひとつ切れてますね。
まぁ、ぜんぶ点灯していたら、少しくどいかもしれません。

ところで、この街灯、へんなところに設置されていました。
半屋内というのか、ビルのエントランスの中です。
デジカメだと、ホワイトバランスが悩ましいシチュエーションですが、フィルムですから、なーんにも考えずに撮るだけ。
最近のデジカメは「ホワイトバランス=自動」にしておいても、めったに外しませんが。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-10 00:52 | Scenery of the City
2005年 02月 09日 ホームセンター猫
c0014565_14225152.jpg


Yonban 2, Atsuta-ku, Nagoya
Canon PowerShot S30


うさぎではありません。
通院先近所のホームセンターにいた白猫です。
入口で雨宿りをしていました。
首輪はしていなかったので、野良かもしれません。

おじさんが近づくと、きれいな声でニャーと鳴き、寄ってきます。
人間が全く怖くないようです。かなり慣れています。

何かください、という顔をしたところを撮りました。
あいにく、何も持っていなかったので、何もあげられませんでした。
今考えると、猫缶でも買ってあげればよかったなと思います。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-09 00:05 | Cats


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved