「ほっ」と。キャンペーン
Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
カテゴリ:Flowers & Plants( 188 )
2008年 06月 18日 Colors of Flowers


アガパンサス



ランタナ



キャッツテイル



ユリ(園芸種)


名古屋市昭和区塩付通にて
 Canon EOS Kiss X2
 Enna Macro-Revuenon 35mm F2.8 (1-3)
 SMC Takumar 55mm F1.8 + Extention Tube (4)
[PR]
by xylocopal2 | 2008-06-18 15:43 | Flowers & Plants
2008年 06月 05日 咲き始めたガクアジサイ













名古屋市昭和区塩付通にて
 Canon EOS Kiss X2
 Canon EF 35mm F2.0
 Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro


何回も書いてきたように、ガクアジサイの花びらに見える部分はガクです。
花の冠のようなこの部分、額縁のように見えるため、ガクアジサイと呼ばれるのだそうです。
4弁のガクと小さなツボミからなる花は「装飾花」と呼ばれ、生殖能力は退化しており、虫たちを引き寄せる役目を果たしているにすぎません。

種を維持するための本当の花は、額縁の中にある無数の小さな花です。
球形のツボミがぱっくり割れて小さな5弁花が咲き、中からオシベメシベが出てきます。
この小さな花こそが、アジサイの本当の花です。

ガクアジサイではない普通のアジサイ、(ああややこしい、よく見かける球形に咲くアジサイですね)は、人為的に装飾花を極端に多くした園芸品種です。
ほとんどが装飾花ですから生殖能力は非常に低く、まず結実しないといわれています。

アジサイの原種は日本の野山に自生していたガクアジサイです。
これをヨーロッパに持っていき、装飾花ばかりにしたものを西洋アジサイといいます。
これが逆輸入されて、いわゆるアジサイになりました。
私は西洋アジサイの華麗さより、ガクアジサイのひっそりしたたたずまいの方が好きです。


--------
"ふわり ゆらり : 紫陽花と雨"にTB
[PR]
by xylocopal2 | 2008-06-05 00:29 | Flowers & Plants
2008年 05月 22日 サボテン開花/定点観察




Canon EOS 30D
Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro


数日前から蕾がふくらんでいたサボテンが開花しました。
直径40mmぐらい。
小さなサボテンにしては大きな花です。
ほのかに色づいた黄紅色がなんとも可憐です。

このサボテン、15年ほど前に、某内科医院の院内旅行のお土産としてもらったものです。
サボテンの名産地、"伊豆シャボテン公園"で買ったものだとか。
もちろん、院長のYがこんな可愛いものをくれるわけもなく、プレゼントしてくれたのは看護婦さんたちです。

このサボテン、「青嵐丸」だか「青龍丸」だかの品種名が有ったはずなんですが、忘れてしまいました。
長生きしてくれて嬉しいのですが、何も世話をせず放置状態のためか、花をつけるのは2~3年に一度です。
ここ2~3年は開花していなかったので、今年あたりは!と思っていたところ、5月に入った頃から花芽がニョキニョキ伸びてきました。


昨日朝の蕾です。
先端が赤紫色に色づいてきました。
一両日中に開花の気配濃厚です。

今朝9時頃の蕾です。
今にもパックリ割れて開花しそうです。

こうなるとやることはひとつしかありません。
そう、開花状況の定点観察です。^^

定点観察セットです。
補助光なしのアベイラブルライトで撮る場合、こんなセットが簡単でお勧めです。

カメラは、できるだけガッチリした三脚に乗せ、シャッターはケーブルレリーズでぶれないよう切ります。なぜ、三脚なのかは後述します。^^

サボテンは窓際の明るい場所に置きます。
この位置の場合、若干手前暗がりになるので、レフ板でシャドウを起こします。

レフ板、というと聞こえはいいですが、ただの白ボール紙です。A4インクジェット紙のパッケージに入っていた、ダータの白ボール紙。これで必要充分、劇的に効きます。あるとないとでは大変な違いです。

私はこの白ボール紙でホワイトバランスも取ってしまいます。蛍光染料の入っていない測色的にニュートラルな設定チャートでなければ駄目だ、という方が時々いますが95%は大丈夫です。オートホワイトバランスより、よほどたしかな色味再現が期待できます。

レフ板を支えているのは、ウスターソースのペットボトルです。キッコーマンがいい、カゴメがいい、いやイカリこそが一番だ、など諸説ありますが、私はブルドッグソースを愛用しています。

奥にいる猫はオプションです。必ずしも必要というわけではありません。花びらを引っ張ったり、レフ板をひっくり返したり、レリーズケーブルにじゃれたり、悪いことばかりするので、初心者のうちは猫なしで撮った方が安全です。

観察開始から20分ほどで、花びらが開き始めました。もう五分咲きですね。

サボテンの仲間である"月下美人"がそうであるように、サボテンの開花も非常に早いです。セッティングをもたくさしていると、いつの間にかフルブルームということがありますから、充分気をつけてください。

八分咲きです。
上の写真から、わずか10分でこうなります。中央の淡い赤紫色が何ともいえず美しいです。

完全に開ききったサボテンの花です。
ここまで来るのに、わずか50分。本当に油断がなりません。

撮った写真をGIFアニメにしてみました。
実は、これがやりたくて、三脚撮りしていたようなわけです。^^



GIFアニメ作成には、"Giam"というフリーウェアを使いました。
Photoshop CS3単体でもGIFアニメーション作成は可能なのですが、一度試したら二度とやりたくはないと思える煩雑さです。
GIFアニメ作成などは、こうした優れた単機能フリーウェアを使った方がよほどエレガントというものです。

倍サイズ(300×450pixel)のGIFアニメも作ってみました。お楽しみください。^^

 GIF Animation Large Version (820KB)


[PR]
by xylocopal2 | 2008-05-22 19:34 | Flowers & Plants
2008年 05月 09日 ヤマホウシ開花







名古屋市昭和区川名本町にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di


近所の歯科医院の玄関横にヤマホウシが花をつけていました。
どこかで見たことがある花だな、と思った方、多いのではないでしょうか。
そう、ヤマホウシはハナミズキの近縁植物です。
シベに見える本当の花、葉っぱの形など、見れば見るほどよく似ています。
ハナミズキとの識別点は、以下のとおりです。

 ・総苞(花びらにみえるところ)の先がとがっている
 ・総苞の色は白のみ(園芸種を除く)
 ・実の形が違う
 ・ハナミズキより1ヶ月遅れて開花する

古くから日本の野山に自生していたのはヤマホウシの方です。
ハナミズキは北アメリカ原産の植物で、日本にもたらされたのは1915年と、それほど古くからある植物ではありません。
ヤマホウシはハナミズキに比べると地味な花ですが、野山の花の趣がある楚々とした花です。
ハナミズキファンの方、見かけたら観察してみてください。
ヤマホウシもいいものですよ。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-05-09 16:29 | Flowers & Plants
2008年 04月 09日 ハナミズキ開花







名古屋市千種区春岡通にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di


ハナミズキが咲き始めました。
ハナミズキの本当の花は真ん中の緑色の部分ですから、厳密に言えば開花ではないのですが、例年より4~5日早いような気がします。
赤花より白花の方が若干早いです。
あと1週間もすれば、この道路はハナミズキストリートになります。
ハナミズキの本当の花については下記を参照してみてください。

 Xylocopal's Photolog 2007/04/21 ハナミズキの本当の花
  http://xylocopal2.exblog.jp/5928616/

 Xylocopal's Photolog 2007/04/23 ハナミズキはどのように開花するか?
  http://xylocopal2.exblog.jp/5938544/
[PR]
by xylocopal2 | 2008-04-09 15:13 | Flowers & Plants
2008年 03月 27日 山崎川上流のサクラ
















名古屋市昭和区萩原町にて
 Canon EOS 30D
 Canon EF 70-200mm F4L USM
 Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII with PL


うちから徒歩20分ほどの距離にある山崎川の上流です。
五分咲きぐらいになっていました。
今週末は満開でしょうね。
上3枚はソメイヨシノ、下2枚はオオシマザクラです。
私はオオシマザクラがことのほか好きです。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-03-27 18:51 | Flowers & Plants
2008年 03月 26日 庭のサクラ







Canon EOS 30D
Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro


庭の片隅にある小さなサクラの木が五分咲きになりました。
いつもセミトラくんが昼寝をしているサクラの木です。
今年は例年より開花が早いですね。
フレッシュな花びらが風に揺れて気持ちの良い眺めです。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-03-26 14:08 | Flowers & Plants
2008年 03月 23日 春のラベンダー




名古屋市千種区春岡通にて
 Canon EOS 30D
 Yashica Auto Yashinon DS-M 50mm F1.4 + M42 Extention Tube 14mm


イタリアン・ラベンダー、フレンチ・ラベンダーなどとも呼ばれるストエカス・ラベンダーです。
"Auto Yashinon DS-M 50mm F1.4"は、シャドウの締まりがぬるく、馬力がないレンズです。
でも、曇天下のこうした被写体には向いているんじゃないか?と思い撮ってみました。
この写真に限っていえば、まずまず良いのではないかと思います。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-03-23 16:04 | Flowers & Plants
2008年 03月 12日 春の花


ウメ



ジンチョウゲ



レンギョウ


名古屋市千種区振甫町にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro


確定申告のため、振甫町の千種税務署まで行ってきたのですが、もう春の花がいくつも咲いていました。
今日の名古屋の最高気温は19.7℃。
いや~、暖かくなりました。
春本番といってもいいぐらいです。
今週末には、高岳のオオカンザクラも写真が撮れる程度には咲くかもしれません。

 Xylocopal's Photolog 2007/02/26 2月のサクラ
  http://xylocopal2.exblog.jp/5611318/

 Xylocopal's Photolog 2007/03/04 高岳のオオカンザクラ
  http://xylocopal2.exblog.jp/5650989/

高岳のオオカンザクラは、名古屋で一番早咲きのサクラですが、例年の見頃は3月中旬です。
去年はよほど暖冬だったのか、2月下旬には三分咲きぐらいになっていました。
今年は、他の花の開花状況から推察すると、例年より若干遅くなりそうです。
オオカンザクラはソメイヨシノより色が濃く大輪のため、なかなか見応えがあり、お勧めです。
場所は、地下鉄桜通線・高岳駅北徒歩2分、"高岳郵便局"を目印に行けばすぐに分かります。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-03-12 00:39 | Flowers & Plants
2008年 03月 03日 枝垂れ梅




名古屋市昭和区川名町にて
 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
[PR]
by xylocopal2 | 2008-03-03 16:54 | Flowers & Plants


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved