Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2008年 06月 08日 テレビ猫
NHK総合"ダーウィンが来た!生きもの新伝説"(毎日曜19時30分~)は、ノリマキさんが大好きな番組です。番組が始まると、かぶりつきの特等席鑑賞モードになります。

どんな動物が出ていても喜んで見ていますが、やはりチョロチョロ動く小動物は特別好きなようです。ネズミ類、リス類、トカゲ類、鳥類はモスト中のモストですね。^^

食い入るように画面を眺めるノリマキさんです。
小動物以外にも猫科の動物は分かるらしく、サーバルやチータが出ると、身を乗り出すようにして眺めています。

動物が出ないシーンは退屈してます。集中力1分ぐらいしかもちません。大あくびなんかしてます。
左の場合は、気配を察したらしく、居住まいを正し、そろそろネズミが出るのでは?とワクテカしているところです。

出たっ!ネズミっ!
ノリマキさんの瞳が輝きます。^^



Canon EOS Kiss X2
Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
SUNPAK PZ42X


テレビの画面を写真に入れ込む際には、1/30sec.以下のスローシャッター、できれば1/25sec.あたりを使ってください。
1/60sec.、1/125sec.あたりを使うと、てきめんに画面に縞模様が出ます。
NTSC現行アナログ方式テレビの場合、1枚の画面は1/59.94sec.+1/59.94sec.の1/29.97sec.でインターレス走査を完了するようになっているため、1/29.97sec.より早いシャッターでは縞模様が出てしまうのです。
したがって、1/30sec.も厳密に言えばペケです。
TV放送が始まった当初は、1field=1/60sec.、1frame=1/30sec.というシンプルな数値だったのですが、カラー化する際にモノクロTVとの互換性を重視した結果、こんな中途半端なフレームレートになっています。
なお、テレビのディスプレイで露出を合わせ、その他の部分をストロボバウンスで調光すると、両方に露出があった写真が撮れます。
以上、小ネタでした。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2008-06-08 20:38 | Cats
<< Paper Lanterns 地下回廊にて >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved