Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2008年 05月 17日 歌を忘れたカナリア猫

森山周一郎氏の塩辛声で読んでみてください。


 「踊らない猫はただの猫だ」


そう、ノリマキさんはただの猫になってしまいました。今年2月に避妊手術をして以来、踊る回数がめっきりと減ったのです。

全く踊らないのか?といえば、そうでもありません。気が向いたときには以前同様に踊ってくれるのですが、写真に収められるほど頻繁には踊らなくなった、ということです。

現在、生後13ヶ月、体重3.98kg。
最終的には、ニキさん同様、4kg台前半の体重に落ち着きそうです。
ニキさんほど筋肉質ではありませんが、それでも抱き上げると、ずっしりとした手応えを感じます。ぎっしり実が詰まっていて堅太りな印象です。これが踊らなくなった原因なのでしょうか。

今もよく遊ぶのですが、以前ほどハイパーアクティブではありません。普通の猫なみに昼寝ばかりするようになりました。あれほど良く踊っていたのが、今や「歌を忘れたカナリア」状態です。


童謡「カナリア」 作詩:西条八十
-----------------------------
歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ

歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す
-----------------------------

象牙の舟や銀の櫂を用意する財力はないので、特訓をすることにしました。

立ち上が~れ、立ち上が~れ、ノリマキ!

(初代RX78ガンダム主題歌のメロディーで)

そう、その調子!
行け!ノリマキ!
両手を耳より高く上げるんだ!

もう少しだ、ノリマキ!
左手も挙げてみよう!
「地球の重力に魂を縛られた者ども」、と蔑まれたくはないだろう?!

おお、両手が上がった!
えらいぞ、ノリマキ!
でも、何か違うような。

‥‥
‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥

あの~、胴体伸ばせとは言ってないんだけど。^^
口を押さえろとも言ってな~い。^^

ノリちゃんは、ただの猫で充分だよ。
平凡な猫でいいから、長生きしておくれ。
20年ぐらい。
できれば、25年ぐらい。
あ、平凡じゃないね、こりゃまた失礼。^^


Canon EOS 30D
Canon EF 50mm F1.4 USM
Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
SUNPAK PZ42X


冒頭の、「踊らない猫はただの猫だ」は、もちろん宮崎駿監督の「紅の豚」からのリーパクです。
主人公の豚男、ポルコ・ロッソがつぶやく、「飛ばない豚はただの豚だ」というセリフですね。
まさしく、「かっこいいとはこういうことだ」を具現化したような言葉です。

ジブリといえば、"Xylocopal's Photolog 2008/04/28: 緑陰の音楽"の中で、女性デュオの"はっぴぃたいむ"さんが演奏していた曲名をやっとこさ思い出しました。
久石譲作曲のジブリメロディだとはすぐに分かったのですが、具体名が出てこなかったのです。
「ナウシカ」だったのか、「魔女の宅急便」だったのか、はたまた「ハウル」だったのか‥‥。
ホント、アルツって嫌だね。^^

で、思い出したその曲名は、「魔女の宅急便 ~海の見える街~ 久石譲」。
Xylocopal's Photolog 2008/04/28: 緑陰の音楽に、YouTubeへのリンクを貼っておきました。
写真とあわせて聴くと、緑陰をわたるギターの調べの清々しさを、少しは共有できるかもしれません。
[PR]
by xylocopal2 | 2008-05-17 16:51 | Cats
<< Portraits under... Portraits of Mr... >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved