Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2008年 01月 21日 フレーメン猫 2008
身づくろいに忙しいノリマキさん。
猫はきれい好きですね。
身体のあちこちをもふもふしています。

ノリマキさんが顔を上げました。
半開きの口、宙をさまよう視線‥‥、
「くっさ~!」という表情‥‥、
こ、これは‥‥!
例のアレでは‥‥?!
そう、まごうかたなきフレーメン反応。

フレーメン反応とは、フレーメン現象ともいい、猫が匂いを嗅いだ後に口を半開きにし、ボケ~っとした表情をすることをいいます。猫の他、馬、牛、羊などでも見受けられます。

猫の前歯の裏側には、ヤコブソン器官と呼ばれる嗅覚器官があり、主に性フェロモンやそれに似た匂いに反応します。自分の体臭などに反応することもあり、妙な臭いのもの全般に反応するようです。靴下を脱いだまま放置しておくと、その匂いを嗅いでフレーメンしたりしています。

口を半開きにするのは、フェロモンを感じたとき、より多くの臭いを嗅ぎとろうとするためだといわれています。猫がフレーメン反応をしているときは、「このフェロモンは誰のものかニャ?」ということを分析しているらしいです。

猫のフレーメン反応を撮ったのは、"Xylocopal's Photolog 2005/05/08 フレーメン猫"以来3年ぶりです。ノリマキさんは比較的よくフレーメン反応をするのですが、なかなかタイミングが難しく、これまで撮れずにいました。

マンガ"What's Michael Vol.4"によれば、「猫のフレーメン反応を見たものは死ぬ」といわれているそうです。見ただけで死ぬ、というぐらいですから、2回も撮影したとなると、5~6回は死ななければならないようです。
ど、どうしよう‥‥。


「見たニャ~?撮ったニャ~?」
という表情のノリマキさん。
猫の怨念、猫がおんねん、であります。
恐いです。
まだ死にたくないです。^^


「そういう失礼な奴はこうだニャ!
ノリマキさんは踊っちゃうニャ!」

うひゃ~、踊られてしまいました。
悶絶死しそうです。^^


Canon EOS 30D
Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
SUNPAK PZ42X
[PR]
by xylocopal2 | 2008-01-21 13:07 | Cats
<< ジャンプ猫 低く垂れ込めた空 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved