Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2007年 08月 31日 秋色ノリマキ




















 Canon EOS 30D
 Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
 Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macro
 SUNPAK PZ42X


体調不良のため更新が滞り、大変ご心配をおかけしました。申し訳ありません。
お声がけいただいた方、そっとしておいてくれた方、本当にどうもありがとうございます。
ぼちぼちゆっくりと復帰していく予定です。

さて、ノリマキですが、ずいぶん大きくなりました。
7月17日に、うちに来たときの体重は1.3kgでしたが、今日現在で2.2kgまで増えました。
生後4ヶ月にして2.2kgなら、そろそろ世間並みに追いついたかもしれません。

バサバサだった毛艶はツヤツヤのスベスベになりました。
シルクサテンの手触りというのでしょうか、なかなかゴージャスな被毛で、"サテンドール"というJazzの名曲を思い出します。
ビャアビャアと濁った鳴き声も、ミャアミャアという普通の猫の鳴き声に近くなってきました。
この猫はハスキーボイスの系統なのか?と思っていましたが、けっこう変わるものです。

まだまだ頭でっかち胴短の幼猫体型ですが、徐々に胴が伸びてきたようで猫らしくなってきました。
抱き上げると、身体はまだクニャクニャに柔らかいです。
成猫の引き締まった筋肉質の身体とは違って、全身マシュマロ状態ですね。
胸に触れると、小さな心臓がコトコト動いているのが分かります。
このサイズの猫だと、心臓の大きさは梅干ほどもないのでしょう。

性格は明朗快活素直と、なかなか良いスペックなんですが、致命的にどんくさいです。
普通の猫なら足を踏み外すことはないような場所から、ボトボト落ちてきます。
どうやら、空間認識が甘いようです。
猫の名誉を傷つける存在ですね。

今はパワーが有り余っている時期なので、毎日、家の中を飛んでいます。
パワーを発散させてやらないと、台所をあさる、ACケーブルをかじるなど悪いことばかりします。^^
なので、猫のオモチャを振り回して、パワーを削いでいますが、まだ遊び足らないようです。
遊んで~、遊んで~、とうるさいです。
もう少しすれば、大人になって静かになるはずなんですが、それはそれで寂しいというのもあります。
なかなか、人間の思うようにならない生きものです。





オマケ:ノリマキの寝顔
 目のまわりが黒い猫は寝顔が撮りにくいです。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-31 19:40 | Cats
<< 黄金虫のいる窓 晩夏のコンポジション #1 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved