Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2007年 08月 02日 ノリマキ特訓中




ヒモで特訓中のノリマキです。
この年頃のチビ猫というのは、悪魔的に元気ですね。
遊びはじめると、疲れて倒れるまでやめないです。
「はよ、そのヒモをリズミカルに動かさんか!、そのネコジャラシをピクピクと動かさんか!、そのボールを上下に動かさんか!」
まぁ、注文の多いこと、多いこと。
まったく若くない飼い主は、ノリマキと遊ぶともう青息吐息、ヘロヘロのヘバヘバです。^^

ノリマキがうちに来て、2週間あまり。
いろいろと猫をかぶっていたようです。
「家猫にしてください~」の懇願モードの頃は、トイレの成功率は100%で、もの覚えの良い猫だなあと感心していました。
それが、今や勝率は6割前後です。
何かが思いっきり、緩んでしまったようです。^^

猫の通例どおり、狭い隙間は大好きです。
オーディオラックの裏側、本棚の裏側、カップボードの裏側、そんな場所ですね。
ただ、AC100Vのケーブルがたくさん這っている場所なので、できれば進入してほしくない場所でもあります。
LANケーブルをガシガシ噛んで、ネットワーク不通にした前歴がありますから、ACケーブルだったら感電してしまいます。

なので、そういう場所にノリマキが入ると、あの手この手で引っ張り出そうとします。
最近、引っ張り出すための特効法を開発しました。
ノリマキのフードを保存してある納戸の鎧戸をギィ~ッと音をたてて開ければ、100%の確率で飛び出してきます。
もう、スポーンと音をたてて猫まっしぐら、という感じです。
ここまで分かりやすいと脱力するやら大笑いやらです。^^
3回に1回くらいは本物のフードを1~2粒あげていますが、いつまで有効でしょうか。
まあ、生後1年も経てば、物理的に入ることはできなくなるのですが。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-08-02 23:51 | Cats
<< タキシードを着た猫 真夏の出窓 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved