Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2007年 01月 17日 ころんころん猫




猫たちの恋の季節がやってきました。
昨日、散歩中に出会ったオス猫。
アオアオ鳴きながら、忙しそうに歩いています。

 「俺はやるぜ!俺はやるぜ!俺はやるぜ!」

ものすごい集中力です。
脇見ひとつせず、真っ直ぐ前だけを見て、タッタカタッタカ歩いて行きます。
歩くスピードが速いので、猫の流し撮りになってしまいました。
メス猫のフェロモンに引かれているのでしょう、顔つきが普段の3倍は真剣です。
「発情中!危険!」と染め抜いた赤い鉢巻を巻いているようなオーラを発散させています。
声をかけてみましたが、「お前と遊んでいるヒマなどない!俺にかまわんでくれ!」と言われてしまいました。^^






後を付いて行くと、日向で突然でんぐり返り、ころんころん転がりだしました。

 「ころんころん、それ、ころんころん、もひとつおまけにころんころん」
 「みゅ~ん、暖かいのニャ、気持ちいいのニャ~」
 「あ、それ、ころんころん、うにゃ~、ころんころん」

それまでのウルトラハイテンション状態が嘘のようです。
集中と弛緩の著しいコントラストが猫の醍醐味ですね。
短期決戦型狩猟動物である猫は、犬よりもダイナミックに行動パターンを切り替えます。
おおかたの猫は生まれながらにしてツンデレであると言っても良いでしょう。

猫のツンデレ、人工的に作り出すことができます。
そう、マタタビ。
マタタビを嗅がせると、それまでシャキーンとしていた猫が、いきなりグニャグニャになりますから。
ただ、反応の程度は個体差があるようです。






しばらく、ころんころんを続けた後、オス猫はフネを漕ぎ始めました。
お?昼寝モードかな?と思った瞬間、猫は立ち上がりました。

 「そうだ、俺にはやらなきゃいけないことがあるんだった」

 「俺はやるぞ、俺はやるぞ、俺はやるぞ!」

猫は、再び真剣な表情に戻り、キリッと前を見据えて歩きはじめました。

 「行かなくちゃ、行かなくちゃ、君に会いに行かなくちゃ!」

井上陽水の「傘がない」のメロディが似合う後ろ姿でした。
この後は、Xylocopal's Photolog 2005/03/30 "I love you!"のようなシーンに進むのではないかと思います。
頑張れ!オス猫。


Canon EOS 30D
Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR DiII


------------------------
2007/01/19 追記
この猫、前にも撮ったことあるよなぁ、と思い、調べてみました。
ありましたよ、ありました。
一昨年の春に撮ってました。

 Xylocopal's Photolog 2005/05/08 フレーメン猫
  http://xylocopal2.exblog.jp/1720464/

丸い顔、短いシッポ、ぶちぶちのサバトラの配置、全部ぴったりです。
お前、元気だったんだな。
見た目は汚いボロ猫ですが、意外にたくましい奴だったようです。
よかった、よかった。
[PR]
by xylocopal2 | 2007-01-17 20:08 | Cats
<< 赤錆物件 #1 樹皮 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved