Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2007年 01月 01日 にらみ鯛2007



Canon EOS 30D / TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di


明けましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、2007年ファーストショットは「にらみ鯛」です。
「にらみ鯛」とは京都の奇習です。
女房の実家が京都式なので、我が家の正月にも必ず現れます。
これは、予算をけちった遠洋ものですが、本式は明石の鯛を使います。
ただの鯛の塩焼じゃないか、というなかれ。
食べ方に一定のルールがあります。

一般的な「にらみ鯛」では、元日は箸を付けません。
ただ、鯛をにらむだけ。
食べちゃいけない、にらむだけ。
正月の膳には並べますが、箸を付けてはいけない。
食事が終わると、いちいち北側の寒い部屋などに下げます。
1月2日に箸を付ける家が多いと聞きますが、諸説諸流派があるようです。

 元日だけ睨んで、2日から食べる。
 1月2日まで睨んで、3日から食べる。
 1月3日まで睨んで、4日から食べる。
 元日から食べてしまう。
 焼鯛ではなく、生鯛を用いる。

真冬の寒い京都のことですから、2~3日ほったらかしておいても、どうってことはなかったのでしょう。
それに、「腐っても鯛」というではありませんか。
腐っていなければ、ますます鯛であります。

我が家では、2日から食べ始めます。
3日には、火を入れなおして、煮付けにして食べます。
それでも余れば、鯛茶漬にします。
そんなわけで、元日はひたすら睨んでいるわけです。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2007-01-01 15:01 | Seasons
<< 高牟神社元旦 大晦日 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved