Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 02月 01日 ひかりもの #1
c0014565_0215633.jpg


KODAK Retina Type 118 1935 / Schneider Xenar F3.5/50mm
FUJICOLOR SUPERIA 100, F8, 1/100sec.


"Kodak Retina Type 118"で撮った写真。

おじさん、光り物に滅法弱く、コハダとかイワシを見ると‥‥、違った、ランプのたぐいを見ると、無条件にシャッターを押してしまいます。
蛍光灯では駄目ですね。白熱電球、タングステンライト。これ、最強。
暖かく光る、その様子に引き寄せられてしまいます。まるで、夜の虫ですね。

このカメラ、1935年製です。その時、あなた、何をしてました?
おじさん、もちろん生まれているはずもなく、母親ですら満1歳でした。^^

それにしても、よく写ります。
このカメラ、距離計が無いので、目測でピントを合わせます。
単独距離計というものもありますが、面倒なのであまり使いません。
ピントが外れるのが怖いので、こんな写真でも、F8まで絞ってしまいます。
本当は絞りを開けたい被写体なんですけどね。
でも、F8まで絞っても、距離が近いので、けっこう後ろはボケてくれます。
このあたりが、撮像面積の大きいカメラは得ですね。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-02-01 00:29 | Scenery of the City
<< 公園猫 #3 仲良し猫の姉弟 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved