Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 08月 05日 I-O DATA CardDock USB2-8inRW/I



Canon EOS 30D / Sigma Macro 50mm F2.8 EX DG
ISO100, Av -0.3EV, F8.0, 1/6sec., WB:Manual


カードリーダを新調しました。
I-O DATA CardDock USB2-8inRW/Iという3.5inchベイ内蔵型のものです。

今まで使っていたカードリーダ、Owltech FA405MXが、ここ2週間ほど急に不調となりました。
CFを突っ込んでも認識しないことが多く、「メディア壊れてるぜよ」という不気味なメッセージを出すことが多くなりました。
実際には、CFは壊れておらず、ノートPCで読ませればちゃんと読めます。
実害はないので、だましだまし使っていたのですが、FA405MXで読んだあとのCFをEOS30Dに挿入したところ、カメラ側が「CF Error!」というメッセージを出すようになりました。
これは実害があります。カメラ動きませんから。

仕方がないので、カードリーダをリプレースしました。
FA405MXは今年の4月に買ったものですから、まだ保証期間内なのですが、まさかこんな単純なものが壊れはしないだろうと思い、保証書を捨てていました。
MITSUMI FA405Bもあるのですが、これはxDカードが読めないのでペケです。
私が使っているコンデジ、Fujifilm FinePix F11はxDカードなのです。

リプレースしたのは、I-O DATAのCardDock USB2-8inRW/I。
あまり安物を買いすぎたかと反省し、今度はちゃんとしたメーカーのものを買いました。
I-O DATAには、USB2-W12RWという爆速カードリーダがありますが、残念ながら、3.5inchベイ内蔵型はラインナップされていません。
仕方がないので、爆速タイプではないUSB2-8inRW/Iを買いました。

たいして速くはないだろうな、と思いながら使ってみると、意外にもけっこう速い。
体感上は、直前まで使っていたFA405MXとあまり変わりがありません。
ベンチマークをとってみましたが、まずまずのスピードです。
Read=10MB/sec.弱ほど出ています。
歴代カードリーダとの比較を載せておきます。

HDBENCH ver.3.30 with SanDisk Ultra II 1GB
-----------------------------------------------------
MELCO MCR-FSB (Ultra Wide SCSI)
 Read: 1300KB/sec.
 Write: 1273KB/sec.

MITSUMI FA405B (USB2.0)
 Read: 6073KB/sec.
 Write: 5605KB/sec.

Owltech FA405MX (USB2.0)
 Read: 11695KB/sec.
 Write: 8911KB/sec.

I-O DATA CardDock USB2-8inRW/I (USB2.0)
 Read: 9973KB/sec.
 Write: 7161KB/sec.
-----------------------------------------------------

FA405MXより若干遅いですが、これぐらい出ていれば無問題です。
カードエラーを出したCFは、フォーマットした上、CardDock USB2-8inRW/Iで読み書きさせたところ、無事復旧しました。
調子の悪いカードリーダはCFを使えなくすることがある、というのが今回の教訓。
もう一つ言えば、「安物買いの銭失い」。
最初から、こいつを買っておけばよかったです。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2006-08-05 00:56 | Hardware
<< 炎暑36.4℃ 名古屋・塩付通 今日の空 名古屋池下 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved