Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 05月 24日 CPU換装 Celeron D350



Canon EOS 30D / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di Macro
ISO100, Av -1.7EV, F5.6, 1/13sec., WB:Manual


3年ぶりに、メインPCのCPUを換装しました。
Intel Celeron D 350/3.2GHz。
九十九電機で8900円なり。
高発熱/高消費電力の、あまりソフィスティケイトされていない安CPUです。

上の写真の左側に写っているのが付属リテールファンです。
リテールファンとしてはかなり重厚かつ巨大です。
このCPUが、いかに高発熱であるかを物語っています。
かつては、高発熱CPU=高性能CPUだった時代がありましたが、現代はそういう時代ではありません。
ハイパースレッディング対応でもなければ、デュアルコアでもなく、性能的には非常に凡庸です。
安いが取り柄、いわば清貧のCPUです。


Celeron D350/3.2GHz
SL7NY COSTA RICA。
このCPU、私にとっては懐かしい中米コスタリカ産です。
インテルのファブ(工場)は各国にありますが、何故かCPUはマレーシア、コスタリカ、フィリピンなどの熱帯産が高性能ということになっていました。

コスタリカ産のCPUというと思い出すのが伝説の名石、オーバークロック耐性抜群のPentium II (Deschutes) SL2W8です。
これは定格300MHzのCPUですが、このSL2W8というロットは450MHzが余裕でドライブでき、450MHz以上はお楽しみゾーンというとんでもないCPUでした。
600MHz駆動達成というような素晴らしくも危険なレポートがネット上を賑わせました。1998年頃の話です。

当然のことながら、SL2W8にはプレミアムが付き、Pentium II/300MHzの中では破格の値段で取引されていました。今回換装したCeleron D350が7~8個は買える値段です。
私も昔はこういう高価なCPUを使い、手段と目的をはき違え、サルのようにクロックアップしていた時期があるのです。
SL2W8の前に使っていた、Pentium II/266MHz (Klamath)なんか、Celeron D350が10個以上買える値段でした。
本当に阿呆タレでした。^^

こうした遊びをして分かったことは、速いCPUといえども3年経てば平凡あるいは遅いCPUである、という事実です。
進歩の速いITの世界では、大枚つぎ込んで高スペックなPCを入手しても、気分がいいのはせいぜい1年です。
この事実を嫌というほど実感した私は、21世紀に入ってからは、最下層CPUを最低2~3年は使うというPCユーザに変わってしまいました。

今回、マザーボードは換えていません。
Asus P4P800という奴です。
2003年に買ってますから、もう4年目です。
こんなに長く使ったマザーは初めてです。
今回、CPUを載せ替えたので、あと3年は使うでしょう。
BIOSのアップデートだけで新しいCPUが使えるというのは実に偉大です。
換装後のCPUステータスはこんな感じです。



お約束のベンチマークテストも乗せておきます。
上が換装前、下が換装後です。





整数演算(Integer)だけ飛び抜けて速くなっています。
浮動小数点演算(Floating)はそれほどの伸びではありません。
これで、Photoshopがサクサク動けばいうことナシなのですが、ハイパースレッディング非対応CPUの悲しさ、それほど劇的に速くなったりはしていません。
まぁ、全体に軽くなったのはたしかですから、これで良しとしましょう。
BIOSセッティングの微調整は面倒くさいのでデフォルトのまま、ほったらかしです。
要するに怠け者になっただけなのかもしれません。

あと、いじるとすれば、HDDのパーティション切り直しでしょうか。
写真保存用のFドライブがあと20GBしか残っていないのに、C、D、Eはそれぞれ20~30GBづつ残っているというアホさ加減なんです。
パーティション切り直せば、写真用に50~60GBほど湧いて出てくる計算です。

そんなわけで、CPU換えたことだし、大掃除も兼ねて、パーティション切り直し~OS再インストールを近々やる予定です。
写真のアップデートが途切れたら、HDDをいじっていると思って間違いありません。^^
パーティション切り直し~OS再インストールは、CPU換装に比べると、はるかに手間と時間がかかります。
まちっと、考えてパーティション切れば良かった。
つくづくアホです。
[PR]
by xylocopal2 | 2006-05-24 23:15 | Hardware
<< ランの館にて (HDR App... A Night in the ... >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved