Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 04月 27日 丸栄・中古カメラ市



Canon EOS 30D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
ISO400, -0.3EV, F8.0, 1/30sec., WB:Auto


名古屋栄の丸栄スカイル8階で今日から始まった、中古カメラ・用品大バーゲンに行ってきました。
毎年、春と秋に行われる恒例の中古カメラ市です。
おライカ様、おローライ様などの高級カメラもたくさん出品されていますが、私のターゲットではありません。
私のターゲットは、中古レンズフード、中古フィルター、中古レンズケースなどの小物、そして、ジャンクと呼ばれるガラクタ類です。
去年の秋は、Canon EOS 100QDというカメラをジャンク箱から救出し、未だに銀塩用メインカメラとして使っています。
救出記は、Xylocopal's Weblog 2005/09/27 "ジャンクなEOS100QD"に書いてあります。





平日昼間ということもあり、客層はかなり偏っていました。
退職者、主婦、学生、プータロー、そして、業界関係者、プロカメラマンといったところでしょうか。
20代~30代の男性はほとんど見かけませんでした。

以前より、女性が増えたような気がします。
OLYMPUS PENや、KONICA C35などのコンパクト銀塩カメラが女性陣の人気を集めていました。
ジャンク箱の前で、「これどうかしら?綺麗に写るかな~」と楽しそうにやってます。
「写りゃしね~よ」とは言いにくい雰囲気でした。^^

会社員時代、仕事をさぼって、よくここに来ました。
会社から徒歩15分ぐらいの距離だったので、近い割にはバレにくいという利点がありました。^^
でも、上司と出くわしたことも何回もあります。
映像制作会社ですから、基本的にこういうものに弱い人は多かったです。





ジャンク箱の逸品の数々。
真ん中の貼皮の禿げたリコーフレックスは、レンズ、ファインダーはなかなか綺麗でした。
Opticaly Cleanという奴です。
たぶん、写真は写ると思います。レストア可能かも。
左下のPentax ESIIも美味しそうですが、電子シャッター機なのでレストア不可能かもしれません。





教材用カメラとは、ジャンクカメラを上品に呼ぶ場合の名前です。
実用性ゼロ、すなわちまともに写真を撮ることができず、分解して構造を調べたり部品を獲ったりするためのカメラです。
こんなガラクタを欲しがる奴がいるのか?と思われるかもしれませんが、昔からカメラ市の人気上位にあります。
私も大好きです。^^





とってもジャンクな逸品の数々。
上のCanon EOS650はなかなか良さそうでした。
シャッター幕はダンパーが溶けてグチャグチャになっていそうですが。
EF35-75mmが付いて3000円だそうです。

下は、Konica C35 E&L。
ジャーニーコニカとして一世を風靡したC35の距離計無しゾーンフォーカス版です。
ヘキサノン38mm F1.8が付いたC35 FDだったら、即決入手なんですが。
ジャンク箱には、オーパーツのような美味しいものが間違って入っているときが時々あるので油断がなりません。





これも素晴らしい、おジャンクの数々。
このあたりを手に取るお客さんは、必ずレンズの底から蛍光灯をかざして中を見ています。
もちろん、カビの生え具合を見るわけです。
生物標本として優秀な逸品がたくさんありました。





奥の平台はジャンクコーナー。
手前のガラスケース内は動作保証品。
動作保証で、レンズ付き1万円均一の一眼レフは実に美味しそうでした。
特に、HEXANON AR 50mm F1.7の付いた、Konica Acom-1は、もう少しで買いそうになりました。
冷静になって今考えると、なんで買わなかったのか!?と後悔しきりです。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2006-04-27 22:19 | Hardware
<< 歪曲空間 カビカビレンズで撮ったハナミズキ >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved