Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 03月 26日 山崎川上流サクラ開花状況



Canon EOS 30D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
ISO100, F5.6, 1/400sec., WB:Auto


名古屋にサクラ開花宣言が出されました。
予定どおりです。
近所のサクラの名所、山崎川まで様子を見に行ってきました。

山崎川といっても、瑞穂区ではなく、上流部分の昭和区と千種区の境界付近です。
住所でいうと、名古屋市昭和区元宮町6丁目付近になるでしょうか。
このあたりは、満開になっても瑞穂区ほど混雑しません。
近所の人が来るぐらいで、いつものんびり桜見物ができる穴場です。
一番いいのは、うちから歩いていけるところです。
鼻歌まじりで15分も歩けば着いてしまいます。

瑞穂区の山崎川がソメイヨシノ一色なのに比べて、上流には色々なサクラが植えられており、写真を撮るには楽しいところです。
開花宣言が出ただけあって、量は少ないですが、咲いている梢が何本もありました。





Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG
ISO200, +0.3EV, F5.6, 1/800sec., WB:Auto


日本でサクラといえば、まずソメイヨシノでしょうね。
淡紅色の花が、これでもかというぐらいテンコ盛りになって咲きます。
パッと咲いてパッと散る。
日本人の美意識にもっとも合ったサクラといわれています。





Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG
ISO200, -0.7EV, F5.6, 1/640sec., WB:Auto


赤褐色の葉と白い花が同時に出るヤマザクラです。
渋い魅力にあふれた、日本古来の自生種です。
江戸時代の国学者・本居宣長が、「敷島の 大和心を 人とはば 朝日ににほふ 山ざくら花」と詠んだのはこのサクラです。
三重県松阪市の本居宣長の墓付近では、現在もなお、四月になれば、たくさんのヤマザクラが花をつけています。

ヤマザクラは、クローン生物であるソメイヨシノのように100年弱の寿命しかないということはなく、何世紀も生き続ける寿命の長いサクラです。
人類が滅亡した後、誰も見る人がいなくなっても、春になると必ず花をつけるだろうと思います。
人間の営みなど、はるかに超越したサクラだと思います。





Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG
ISO200, F5.6, 1/800sec., WB:Auto


鮮やかな緑が美しいオオシマザクラです。
遠くから見ると、白と緑に見えるため、ソメイヨシノの中にあっても目立ちます。
この葉は、桜餅を包むのに使われるそうです。
私が一番好きなのは、このオオシマザクラです。

-------------
物作りの日常 : 桜のつぼみがにTB
[PR]
by xylocopal2 | 2006-03-26 19:17 | Seasons
<< Colors of Spring 空中回廊 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved