Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 02月 14日 フレクサレットを連れて名古屋市市政資料館へ



Canon EOS 10D / TAMRON SP AF17-35mm F2.8-4 Di
ISO100, F4.0, 1/250sec., WB:Auto


昨日のエントリの最後に書いたように、フレクサレットに風通しをしてきました。
フレクサレットとは、Xylocopal's Photolog : 2005/12/05 Meopta Flexaret VI Automatで書いた、チェコ製の二眼レフです。
去年の11月に米国のネットオークション、eBayで落札して以来、まだ満足に撮っていません。

撮ろうとは思っていたのですが、12月~1月は寒すぎました。^^
この手のカメラは、デジタル一眼レフのように構えてすぐに撮る、というわけにはいきません。
大雑把にフレーミングしてから、絞りを決め、シャッター速度をセットし、ピントを合わせ、フィルムを巻き上げ、正確にフレーミングして、やっとこさシャッターレリーズとなります。
一枚の写真を撮るのに、えらく時間がかかるのです。
厳冬の中、そんな面倒なことをモソモソやる気にはならないです。へたれですから。

そんなわけで、フレクサレットを持ち出す気には、なかなかなれずにいました。
でも、今日は暖かだったし、昨日レチナの写真を見てインスパイアされたばかりなので、名古屋市市政資料館まで行ってきました。
フレクサレットを、少しは生まれ故郷に似た場所に連れて行ってやろうかと思ったからです。^^

ISO125のモノクロフィルム、Kodak Plus-Xを詰めて持っていきました。
本当はISO400のフィルムの方が使いやすい場所なんですが、手元にあったのがPlus-Xだけだったので。
ISO100モノクロだったら、T-MAX100の方が良かったな~。
まぁ、ないものは仕方がないです。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF17-35mm F2.8-4 Di
ISO400, -1.0EV, F4.0, 1/15sec., WB:Auto


私は、若い頃、Mamiya C220 Professionalという二眼レフをメインの写真機材にしていたことがあるため、一般の人に比べれば二眼レフの経験値はある程度持っています。
それでも、二眼レフには独特の作法があり、勘が戻らない間は疲れます。

二眼レフはフレーミングが難しいんです。
正方形の構図を作るのは楽しいんですが、水平垂直がすぐに傾いてしまうんです。
この手のウェストレベルファインダーというのは、水平が出しにくいのです。
二眼レフにはプリズムがなく、レンズの像をミラーで直角に曲げるだけなので、ピントグラスに写る像は左右逆像になっています。
直感的に操作しにくいようになっているんですね。

これを解決する最良の方法は、三脚を使うことです。
三脚でも、自由雲台はペケです。手持ちと変わりません。
スリーウェイ雲台と呼ばれる三軸独立制御の古典的な雲台が一番いいです。
簡単に水平を出すなら、スリーウェイ雲台が一番楽です。

というわけで、軽めのスリーウェイ雲台付三脚を持っていきました。
暗いところでもありますしね。
いつからあるのかよく分からない腐ったようなレリーズも付けていきました。
フレクサレットのシャッターボタンは押しにくいというか、ぶれやすい構造になっているので。





Canon EOS 10D / TAMRON SP AF17-35mm F2.8-4 Di
ISO400, -1.5EV, F5.6, 1/30sec., WB:Auto


Mamiya C220に比べると、フレクサレットのファインダーは非常に見づらいです。
真ん中だけがほんのりと明るく、周辺は何が写っているかよく分からないほど暗くなっています。
フレクサレットのピントグラスは、Mamiya C220のファインダーのようにフレネルレンズなどは入っていません。
ただのスリガラスです。
一応方眼ラインは入っていますが。
ピント合わせはマット面で合わせるのですが、こんな暗いピントグラスだと合っているのか、はずれているのか、微妙なところがよく分かりません。
ルーペの倍率も低く、たぶん、この辺がピントの山だろうと結局心眼でピントを合わせることになります。
もちろん、周辺部がどうなっているかはよく分かりません。

フィルムは久屋大通のDPE屋さんに出してきました。
中5日ほどかかるそうです。
以前は、ハイドカラーというプロラボが久屋大通にあったのですが、残念ながら店を閉めていました。
ハイドカラーであれば翌日受取可能だったのですが、銀塩環境はどんどん不便になりつつありますね。

それにしても、バレンタインデーだというのに、カメラ相手に写真撮ってる中年親父って‥‥。orz
やっぱり、人間相手の方がいいです。^^
誰か、フレクサレットで撮らせてくれ~。


-----------
2006/02/21 追記
このとき、フレクサレットで撮影した写真をUPしました。

 "Xylocopal's Photolog : 2006/02/21 Gentle Lights (名古屋市市政資料館)"
  http://xylocopal2.exblog.jp/3559886/
[PR]
by xylocopal2 | 2006-02-14 19:27 | Hardware
<< カメラ目線猫 ランの館にて >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved