Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2006年 01月 08日 Card Reader MITSUMI FA405B



5年ぶりぐらいにカードリーダを換装しました。
Owltechの販売による、MITSUMI FA405BというUSB2.0接続、3.5inchベイ内蔵型のものです。
値段は驚きの980円@九十九電機。
嘘じゃないよ。
TSUKUMO ネットショップでも同じ値段で売られています。

今まで使っていたのは、MELCO MCR-SFBというSCSI接続のカードリーダです。
具合が悪くなったわけではありません。
安定して使えています。
安定していますが、データ転送速度はそろそろ時代遅れになってきました。
それに、スキャナをUSB接続のものにリプレースしたので、SCSI接続機器はカードリーダだけとなり、そろそろSCSIもお役御免かと。
Adaptec AHA-2940UWにも暇を出してやろうかと。

今まで、カードリーダはすべて3.5inchベイ内蔵タイプのものを使ってきました。
1996年に最初のデジカメ、RICOH DC-2Lを買ったときは、RATOCのパラレル転送独自インターフェースカードリーダを使っていました。
こいつは転送速度が遅い上、カード認識率が悪く、接続ケーブルはフラットケーブル4本とPCケース内空調悪化の原因となり、1年ぐらいで使うのを止めました。

次に使ったのが、I-O DATAのCard-Dock CDOCK-IN/SCというSCSI接続のカードリーダです。
SCSI Host Adapterは、Adaptec AHA-2940、AHA-2940U、AHA-2940UWと三種類使いました。
1990年代中頃にはUSBは存在せず、SCSI全盛の時代でした。
こいつは、まだ現行商品として売られています。
I-O DATA、なかなかしぶといです。

CDOCK-IN/SCは良い製品でしたが、CFをダイレクトにスロットにさせず、カードアダプターという下駄を履かせなければなりませんでした。
これが面倒で、2000年頃、MELCO MCR-FSBに換装しました。
換装した当時は充分速いカードリーダだったのですが、USB2.0、IEEE1394が出てきてからはどんどん遅い部類になっていきました。
換装前と後に測ったベンチマークテストの比較を下に書いておきます。

-----------------------------------------------
SanDisk Ultra II 1GB at HDBENCH ver.3.30

MELCO MCR-FSB (SICI2)
 Read: 1300KB/sec.
 Write: 1273KB/sec.

MITSUMI FA405B (USB2.0)
 Read: 6073KB/sec.
 Write: 5605KB/sec.
-----------------------------------------------

有意差ありまくりです。ざっと4~5倍速ですね。
Ultra Wide SCSIといえば、かつては速いインターフェースの代名詞的存在でしたが、今ではこんなものです。
いくら速いCFを使っても、PCに落とす際にはカードリーダがボトルネックとなって、速度が上がらないわけです。
実際の体感も上の結果を反映したものになっています。
今日撮ってきた画像、52枚120.4MBをコピーする時間をストップウォッチで計ってみました。

MELCO MCR-FSB (SICI2)
 96sec. 1.254MB/sec.
MITSUMI FA405B (USB2.0)
 22sec. 5.472MB/sec.

ベンチマークと同じ結果です。
4~5倍速いです。
1分36秒と22秒の違いは大きいです。
ぼけたーっと待っていたのが、ほとんど瞬時に感じられます。
1GBまるまる撮ってくると、3分近くかかっていましたから、えらい違いになります。
980円で済むことなら、もっと早く換装しておけばよかったです。

今日、大須で見たI-O DATAの奴は3000円ぐらいしたけど、10MB/sec.出そうなことが書かれていました。
あっちにしとけばよかったかな。^^
こんなやつです。I-O DATA USB2-8inRWI-O DATA USB2-W12RW

MITSUMIも嫌いなメーカーではありません。
自作PC用のFDD、CD-ROMドライブは一時ミツミ製がシェアのほとんどを握っていた時代がありました。
総じて壊れにくく、信頼の置けるメーカーという印象があります。
ミツミ製のCD-ROMドライブにしておけば、OSインストールが楽でした。
CONFIG.SYS、AUTOEXEC.BATを書く時代のOSインストールは、CD-ROMドライブのドライバはデフォルトでミツミ製となっていたものが多いです。

このカードリーダ、安いパーツは中国製、という時代にしては珍しく台湾製です。
10年前は、Made in Taiwan R.O.C.という文字を見ると安物だなあと思ったクセに、今では、お!台湾製じゃないか!と思ってしまいます。
PC関連分野の10年前は古生代カンブリア紀ですね。^^
[PR]
by xylocopal2 | 2006-01-08 21:29 | Hardware
<< 名古屋大須2006年 冬のハナミズキ >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved