Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 12月 07日 紅白山茶花



Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO200, -0.5EV, F6.3, 1/500sec., WB:5200K






Canon EOS 10D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ISO200, -1.0EV, F5.6, 1/1000sec., WB:5200K


あまりにも寒いので、炬燵トップPC、ThinkPad s30のリプレース用PCを昨日ネットで頼んでしまいました。
で、今日の午後、届きました。
買った店は、"迅速ネット" という秋葉原のバッタ屋さんですが、名前のとおり迅速です。
私はこういう処理の速い店が好きなんです。^^

ブツは、"IBM (Lenovo) ThinkPad G41 2881-46J"という大型ノートPCで、こんな仕様です。
メモリだけ512MB増設し、768MBにしています。
税込、送料込で81000円なら安いですね。
一昔前なら20万円コースです。

高消費電力、高発熱、馬鹿力だけが取り柄という垢抜けないCPUが乗っており、さぞかし冷却ファンがうるさいだろうと思っていたのですが、まったく静かで拍子抜けしました。
無音といっていいほどです。
HDDのシーク音もほとんどしないため、アクセスしているかどうかはインジケータを見ないと分かりません。

10年ぐらい前、デスクトップPC用CPUを積んだ台湾製486DX/100MHzの3.5kg級ノートPCを使っていたことがありますが、もう素晴らしいほどに騒々しく、いつも豪快な冷却ファンの音を響かせて動いていたものです。
それに比べると、さすがに洗練された印象です。
プラスチック多用で安っぽくなりましたが、作りはしっかりとしており、Lenovoに売却されてもThinkPadらしいクォリティの高さは変わらないです。
作っているのは、旧IBM大和研究所のままですから、そうそう変わるはずもないですね。
あ、実際に作っているのは中国のどこかですよ。Made in Chinaです。

キーボードは、以前のThinkPadに比べると少しヤグくなりました。
剛性感、クリック感が減った印象で、若干グニャグニャします。
キータッチだけなら、s30の方がいいぐらいです。
キー配置、キーサイズは以前のままで使いやすいです。

ポインティングデバイスはThinkPadですから、トラックポイントが付いています。
キーボードのGとHキーの間にある赤ポッチです。
ここ10年間に使ってきた5台のノートPCはすべてこの手のトラックポイントモデルばかりで、マウスより使いやすかったりします。

私が常用しているアプリケーションは、Windows標準のものがほとんどないため、使い始めるまで準備に時間がかかります。
AltIME、ATOK、卓駆、Firefox、秀丸メールなどをインストールしてから、DPEx、Photoshop CSなどの写真用アプリケーションをインストールしました。
Photoshop CSは重量級アプリなので、インストールするだけでも時間がかかるはずなんですが、まるでデスクトップPCのように、あっさりとインストールできました。
馬鹿力は伊達ではないようです。
すべてが、ThinkPad s30の5~6倍の快適さでサクサク動きます。^^

これで、炬燵でヌクヌクと暖まりながら、すべての作業ができるぞ、と思いながら、試しに2枚ほど写真をレタッチしてみました。
上の2枚です。
む~ん、困った。ディスプレイが‥‥。orz。orz。orz。

このディスプレイ、明るいのはいいんですが、トーンがさっぱり分かりません。
明るさも色味も雲をつかむようで、どこをどれだけ補正したらいいのか、ぜんぜん分かりません。
いつも使っている、Nanao FlexScan L565なら、ここまで補正するというポイントがピンポイントで分かります。
ここしかないという補正ポイントが分かるのです。
ところが、このディスプレイと来たら、暗夜行路そのもので、疑心暗鬼の塊になりながらレタッチしています。

かなり、狭視野角ディスプレイのようで、首の角度を変えるだけで、トーンがコロコロ変わって見えます。
どれが本当の見え方なのかよく分かりません。
おそらく、ディスプレイを横からのぞき込まれないようにするため、こうした狭視野角にしてあるのだと思います。
よく分からないものだから、寒い部屋まで行って、L565で確認したりしています。
これでは意味がないではないか‥‥。

"Gray Scale Check Chart"で調べてみると、見事な黒潰れ&白飛び。
黒端2つ、白端2つの判別が付きません。
デフォルト状態では、相当コントラストを高くしてあるようです。
たしかに、一般的用途では、こちらの方が見栄えがするディスプレイになります。
しかし、写真をいじることを考えると駄目駄目です。
仕方がないので、ビデオドライバ設定ツールで最低コントラストにして、ガンマをいじったところ、ようやく階調が出てきました。
今日は遅くなったので、このあたりで諦めますが、「炬燵トップPCでヌクヌクレタッチ」はしばらくお預けです。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-12-07 01:27 | Hardware
<< 今日の空 晴れたり曇ったり チビ猫 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved