Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 10月 05日 京都猫&ニキさん御幼少時代 ネガスキャン



Mamiya C220 Professional / Mamiya Sekor 80mm F2.8
NEOPAN SS, F2.8, 1/8~1/30sec.
Scanned with EPSON Colorio GT-F520


そろそろ、カムニャくんの二周忌なので、サバトラホワイト物語書いてやらないとな、と思い、カムニャくんの写真をゴソゴソ探していました。
押入の天袋に見たことがあるけれど、最近は開けていないブリキ缶があるのを見つけました。
蓋を開けると、ネガフィルムがてんこもり。
京都猫やニキさん幼少時のブローニーネガもありました。^^
何でもとっておくものだよ、ホントに。

うちのスキャナでフィルムスキャンできるのは、35mmフィルムだけです。
ブローニーはフィルムキャリアがないので、できないことになっています。
できないといっても、目視で反転画像が見えるわけだから、乳白色のアクリル板をフィルムの上に置いて、上から蛍光灯を当てれば、ある程度のコントラストを持った画像がスキャンできるはずです。
ところが、乳白色アクリル板なんて、一般家庭にはないわけです。

そこで、先日、フィルムを原稿台に直置きして、まぁまぁのコントラストのスキャン画像が得られたことを思い出し、直置きスキャンをやってみることにしました。
スキャンパラメータを少しいじって、1200dpiでスキャンしてみました。
極軟調の眠いスキャン画像がとれたので、何とかコントラストをつけるべく、レタッチしてみたところ、一応見られるものになりました。^^

やはり、ネガスキャンは情報量が違います。
京都猫なんて、こんなに階調があったのか、と驚くほどのトーンです。
ブローニー用のフィルムキャリア作ってみるかな。






Nishiharuna-cho, Sakyo-ku, Kyoto, 1978
Mamiya C220 Professional / Mamiya Sekor 80mm F2.8
NEOPAN SS, F2.8, 1/15~1/30sec.
Scanned with EPSON Colorio GT-F520







Kawanayama-cho, Showa-ku, Nagoya, 1985
Mamiya C220 Professional / Mamiya Sekor 80mm F2.8
NEOPAN SS, F2.8, 1/8~1/15sec.
Scanned with EPSON Colorio GT-F520







Kawanayama-cho, Showa-ku, Nagoya, 1985
Mamiya C220 Professional / Mamiya Sekor 80mm F2.8
NEOPAN SS, F2.8, 1/8~1/15sec.
Scanned with EPSON Colorio GT-F520

[PR]
by xylocopal2 | 2005-10-05 22:27 | Cats
<< 仲よしこよし猫 Part.2 Rain Dance >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved