Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 09月 07日 まんまる目玉のカムニャくん



OLYMPUS E-10
ISO80, F2.4, 1/125sec., W/B:Auto, with Flash


カムニャくん、目玉が大きかったから、ストロボ直射で撮るとてきめんに赤目になりました。
猫の場合、人間と違って、赤目ではなく青目になることが多いです。
この写真は、Photoshopで直しました。
フォトレタッチソフト本来の用途ですね。

猫の眼には、網膜の裏に輝板(タペタム)という反射層があって、暗いところでもよく見えるしくみになっています。
そのため、フラッシュの光も人間以上に反射してしまうのですね。

c0014565_22483541.jpg上の写真のオリジナル画像です。
見事な青目です。^^

フォトレタッチソフトの中には、赤目修正ボタンというのがあって、簡単になおすことができるものもあるようです。
しかし、Photoshopにはそんな便利な機能は付いていませんから、力業で強引になおすしかありません。
おじさん、猫の青目修正は、かなりうまくなりました。^^

要領としては、青目の形にマスクを切り、色情報を捨て、トーンカーブ、レベル補正で黒を持ち上げる、これだけです。
これだけといっても、マスクを切った後、半径○ピクセルでぼかしをかけるとか、色々細かい作業が必要になります。
上の写真の例では、何とか直っていますが、色情報を捨てているので、場合によっては不自然になることもあります。

オリジナル写真のように、青いだけで階調が残っている場合は治りますが、階調がなくなってすっ飛んでいる場合には治りません。
ニキさんより、カムニャくんの方がよく青目になりました。
猫撮りでは、できるだけフラッシュ直射を使わないのが正解ですが、青目になっても直せることも多いです。

--------------
"R&M 2004 Nov."にTB
[PR]
by xylocopal2 | 2005-09-07 23:19 | Cats
<< 今日の空 台風一過 紺碧 今日の空 台風通過~夕焼 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved