Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 09月 06日 カムニャくんの肖像 Rev.2



Camnya 2000 rev.2
Canon A-1 / LZOS MC Jupiter-9 85mm F2.0
Kodak Gold 100, F2.0, 1/15-30sec.


以前にも上げたことがある写真です。
少し仕上げを変えてみました。
より、モノクロフィルムのトーンに近くなったかな?と思っています。

オリジナルは、ISO100のカラーネガフィルムで撮りました。
天気が良くない日の室内撮影でしたから、絞りは開放、シャッタースピードは手ブレ限界ギリギリだったと思います。
パチモンモノクロ仕上げですが、オリジナルがネガフィルムということで、かなり違和感が少ないですね。
粒状性は良すぎるぐらいなんですが、少しだけ粒状感を足してみました。

レンズは、Carl Zeiss Sonnar 85mm F2.0のロシア製パチモンです。
元の設計が戦前ですから、何を撮ってもレトロに写ります。
描写はとても柔らかくて好きです。
現代のレンズのような先鋭さはありませんが、逆に暖かい感じがします。
元々がポートレート用レンズですから、こうした被写体には非常に向いています。

このレンズ、M42マウントですから、アダプターを介してEOS10Dに付けられないことはないんですが、EOS10Dのフォーカシングスクリーンでピントを合わせる自信がありません。^^
マイクロスプリットプリズムが付いたMF用のフォーカシングスクリーンでないと、しっかりしたフォーカシングは難しいです。

モデルは、おじさんの家に長い間いたカムニャくんです。
このブログのロゴ画像をやってくれています。
16年間ともに過ごしましたが、今は"虹の橋"のたもとで、おじさんを待っています。
"ニキさんの物語"は書きましたが、彼の物語はまだ書けないでいます。

この写真は実に彼らしい写真です。
彼の性格は、とにかく真面目。
いつも真っ正面、正攻法で攻めてきます。突撃かむにゃんと呼ばれていました。
カムニャくんには冗談が通じませんでした。
人間だったら、うつ病になりそうなほど真面目な猫でした。

これは、ご飯を待っているところです。
彼の目線の先にはドアがあり、そこが開くと、お母さんがやってきて、ご飯をくれることが分かっているんです。
おじさん、家猫写真がまた撮りたくなってきました。
カムニャくんの話も書けるかな。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-09-06 20:18 | Cats
<< 今日の空 台風通過中 今日の空 台風14号接近 >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved