Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2005年 06月 11日 漁師町猫 (三重県南島町神前浦)



Nie-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F7.4, 1/179sec., W/B:Auto


"Xylocopal's Weblog 2005/06/11 美味!ウツボの干物 (三重県南島町)"というのを書いたので、連動企画ということで(笑)、三重県南島町の漁師町猫を上げます。
撮影は、2000/08/03~04、天気の良い日でした。
カメラは200万画素の名機、NIKON COOLPIX950です。

このカメラ、絞り値、シャッター速度が実に半端です。
絞りサイズに制限があり、シャッター速度で露出を調整するカメラだったのですね。
色は概して渋めでしたが、こういう天気なら何とか綺麗に色が出ました。

ここは、南島町東端の贄浦です。
五ヶ所湾方面から南島町に入ると、最初に現れる入り江です。
南島町はリアス式海岸の美しい町で、こうした入り江がいたるところにあります。

"南島町方座浦パノラマ写真 1150x365pixels"
3枚の写真を強引に連結してあります。
手持ち撮影の上、露出固定しなかったので、パノラマ合成が非常に大変でした。
でも、南島町の海がどんなところか一発で分かりますよ。






Nie-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F7.4, 1/101sec., W/B:Auto


南島町の海は透明度が非常に高いです。
表は黒潮洗う太平洋ですから、海水がよどむことがないのですね。
珊瑚礁の海ではないのに、エメラルドグリーンの海岸線が続きます。
この位置から見ても、ずいぶん深いところまで見通せます。
水深5mぐらいまでは透明度がありそうです。
リアス式海岸特有の、すぐに落ち込んで深くなる海底の様子が手に取るように分かります。






Kamimae-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F6.8, 1/276sec., W/B:Auto


南島町神前浦の漁船です。
撮影時刻は午前9時21分です。Exifって実に便利ですね。^^
出漁するには、ずいぶん遅いですが、船のサイズから考えて、近場の漁か、生け簀や筏の世話をしに行くところのようです。
ここは、ハマチや緋扇貝の養殖が盛んなところです。
こうした漁船の中には、きちんと前を見ずに操船している船がときどきあります。
蛇輪をロープで固定して航行し、漁師さんは漁具の世話をしていて、前を見ていないことがあります。
ヨットで走っているとき、何度も遭遇しました。
海上衝突予防法では、動力船は帆船を避航する義務があるのですが、そんな法律を守っている漁船はまずありませんね。^^
で、ときどき、相互過信状態のまま、ぶつかって事故ります。






Kamimae-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F4.4, 1/87sec., W/B:Auto
ISO80, F6.6, 1/66sec., W/B:Auto


神前浦漁港の防波堤の上にある干物製造現場です。
産業的規模ではなく、自家用に作っている風情でした。
上の写真の奥の方に見えているのが、神前浦の魚市場です。
セリが終わって閑散としています。
カサゴやスルメイカがたくさん上がっていました。

下は干物のアップ。シッポが青く、細くまとまっていますから、カワハギですかね。たっぷりと身が付いていて美味そうです。^^
けっこう、猫の姿を見かけましたが、この干物製造現場、まるっきり無防備/無対策です。^^
猫の方も食べ飽きているのか、干物棚の下で昼寝をしていたりして、興味を示しません。
"pya! 店番nya"のような光景を見ました。pyaの方は鯛の干物ですが、見向きもしませんね。鯛の干物、食べてみたいです。






Kamimae-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F4.4, 1/134sec., W/B:Auto


神前浦の町並です。
典型的な漁師町の路地裏ですね。
リアス式海岸の入り江の奥には、こうした集落が必ずありますが、軽トラでも入るのは難しそうなところが多いです。
猫がいるの、分かりますか?






Kamimae-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F6.8, 1/103sec., W/B:Auto


上のロングショットを撮ってから、このクローズアップを撮るまで、いくらか時間が経っていますが、ここの猫は警戒しても逃げませんね。
この猫も警戒はしていますが、腰は引けていません。
「おじさん、どこから来たの?」というような表情です。
岩合光昭大師匠になったような気分です。^^






Kamimae-ura, Nanto-cho, Mie
Nikon COOLPIX950
ISO80, F6.8, 1/69sec., W/B:Auto


神前浦の銭湯の前にいた猫です。
左の黒白ハチワレ猫は、「怪しい奴、何かしたら逃げるからね」という体勢です。^^
右の茶虎白猫は、もう少し余裕があり、「あんた、何やってるの?」という顔です。
2匹ともスレンダーですね。
漁師町の猫ということで、たっぷり食べて太っているかというと、そういうことはないようです。
しっかり走り回って、運動が足りているようでした。
[PR]
by xylocopal2 | 2005-06-11 01:27 | Cats
<< 定点観測 Relax! >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved