Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved
Top
2009年 04月 24日 500円テレコン KENKO C-IX 2x TELEPLUS MC7
恒例の名古屋・丸栄スカイル"中古カメラ市"ですが、初日(昨日)午後に行ってきました。
今回の獲物はテレコンです。
KENKO C-IX 2x TELEPLUS MC7。
500円なり。

テレコンとは、テレコンバーター、エクステンダーなどと呼ばれるもので、焦点距離を伸ばすためのアダプターです。
カメラとレンズの間に挟むことにより、200mmのレンズを280mm、400mmなどの焦点距離として使うことが可能となります。

このテレプラス、ジャンクレンズ箱の中に転がっていました。
どのカメラ/レンズ用かは記されていませんでしたが、マウント形状、端子形状は明らかにキヤノンEFマウント用です。
APSマーク、C-IXという名前から、Canon IX用、つまり、銀塩APS一眼レフ"Canon EOS IX E""EOS IX 50"用のテレコンと推察されます。
シルバーの鏡胴色も同じですしね。

おそらく、イメージサークルはAPSフォーマット用に狭められているのでしょう。フルサイズで使おうとすると、ドツボにはまるテレコンかもしれません。
しかし、APS-Cデジタル一眼レフは、銀塩APSよりさらに狭いイメージサークルしか必要としません。
これは使えるかも?と思い救済してきました。
特にテレコンが欲しかった訳ではありませんが、何しろ500円ですからね。^^
現行のデジタル対応テレプラス、"KENKO TELEPLUS MC7 DG"の実売価格が12000円前後であることを考えると馬鹿みたいに安いです。
キヤノン純正の"EXTENDER EF2×II"に至っては4万円弱はしますから、これは買わないと損をするぞ、という気分になりました。
かくして、ガラクタばかりが集まることになります。^^

ガラクタとはいえ、レンズは綺麗でした。
鏡胴こそキズが何ヶ所か付いていましたが、レンズはカビなし、クモリなし、チリ混入なしの良品レベルでした。
中古市は初日に行くに限ります。

このテレコンは、2xと書かれているとおり、2倍テレコンです。
200mmのレンズで使うと、400mmの焦点距離となります。
APS-Cデジタル一眼レフで使うと、実に135判換算640mm相当。

しかし、良いことばかりではありません。
まず、暗くなります。
2倍テレコンの場合は2絞り。
開放F4のレンズで使った場合、開放F8になるわけです。
無使用時、1/1000sec.のシャッタースピードが切れる被写体の場合、1/250sec.になってしまいます。
640mm相当のレンズとなりますから、よほどISO感度を上げるか、三脚を使わないと実用になりません。

4段分の手ぶれ補正効果を持つ、"Canon EF70-200mm F4L IS USM"であれば、差っ引いてもまだ2段分の手ぶれ補正効果が残りますから、手持ちでも実用になりそうです。
一方、私の"Canon EF70-200mm F4L USM"にはIS(手ぶれ補正機構)が付いていません。
購入時にはIS付モデルが未発売だったので仕方がありません。
無いものをねだってもしょうがないので、原則三脚/一脚で使う予定です。

描写はノンテレコンの場合より悪くなるはずです。
キヤノン純正のエクステンダーであれば、画質劣化は最小限に抑えられるはずです。
しかし、サードパーティのケンコー製である上、ケンコー製の中でも廉価版モデルです。
それに加えて、デジタル対応コーティング前の古いモデルです。
かなり悲惨な描写になるのでは?と正直あまり描写には期待していませんでした。
緊急避難的に640mmが使えればOKと思って買ったのです。

テスト撮影をしてみましたが、予想外に画質劣化はひどくなく、結構実用になるようでした。
以下、テスト画像です。テスト条件は下記のとおり。

 カメラ: Canon EOS Kiss X2
 レンズ: Canon EF 70-200mm F4L
 ISO400、F4開放
 三脚使用

ノンテレコンの場合のシャッタースピードは1/1000sec.、テレコン付の場合のシャッタースピードは1/250sec.です。
やはり、2段分暗くなっています。
オリジナル画像を縮小しただけの画像がこれです。





画角の違いはかなりありますね。
コントラスト落ちは激しいです。
1段オーバーになったように感じるほど、黒の締まりがありません。
とはいえ、レタッチで救済できるレベルではあります。
リバーサルフィルムではダメダメでも、デジタルならOKというテレコンです。
ちなみに、AE/AFは全く問題なく使えました。

画像中心部をピクセル等倍で切り出してみたのが下の画像です。





ノンテレコンの方はフォーカスが来ていませんね。
これじゃ比較にならんじゃないか。
ヘタクソですみません。^^
一方、テレコン付の方は眠たいものの、けっこうシャープネスはあります。
500円テレコンにしてはやった方じゃないでしょうか。
これだから、ジャンク箱あさりは止められません。^^

このテレコンで、"Xylocopal's Photolog 2006/07/30 名古屋駅摩天楼落日 完結編"のような落日写真を撮ろうと思っています。
果たして、内面反射やいかに。
中古市に再出動して、EF75-300mm/F4-5.6あたりを買ってきて、960mm F11の望遠レンズにしてみようか?とも思いましたが、止めておきます。
たぶんEF70-200mm/F4L+テレプラスをトリミングした方がシャープネスは良さそうです。
テレコンというのはマスターレンズの性能をまともに受けますから。
上のピクセル等倍切り出しで案外まともなのは、EF70-200mm F4L USMが優れたレンズであるからだと思います。
[PR]
by xylocopal2 | 2009-04-24 20:29 | Hardware
<< 75歳のシュナイダー・クロイツ... レチナでポートレート >>


Copyright © 2004-2010 Xylocopal All Rights Reserved